2013年02月22日

竹島の日

130222.jpg

今日は2月22日、2が三つ並ぶぞろ目の日でしたが、「にゃんにゃんにゃん」という事で「猫の日」らしいです。
猫好きにとっては、猫の日になにかイベントでもするのでしょうか?
私も猫好き(動物全般好き)ですが、飼っていないので、特に何をするでなし(笑)
猫好きな人にとっては、毎日が猫の日でしょうね(^^;)

さて、今日は「猫の日」以外にも「竹島の日」でもありました。
「初めて聞いた」という人も多いかも知れません。
島根県である竹島ですが、ご存知のように韓国によって、長い年月不法占拠されています。
この竹島の日は2005年に島根県で閣議決定されました。
しかし、当時はそんな話題にすらならなかったし、そもそも竹島ってどこ?って人も多かった。
私もそんな一人でした。

このところの領土問題で、竹島も注目されるようになり、昨年の李明博大統領の竹島上陸で、一気に日本人に火が着きました。
日本側は常に冷静に対応し、竹島が日本の固有の領土である事を訴えています。
しかし、相手の韓国は何かにつけて、すぐに感情的になり話になりません。

今日、島根県では竹島の日の式典が執り行われました。
自民党からも小泉進次郎氏が出席するなど、国を挙げての式典となっています。
自民党としては、この式典を政府としての式典にしたいところですが、まだ次期相応なのでしょう。
今回は島根県主催の式典となりました。

この式典に対して、予想通り韓国が異常とも思える拒絶反応をしています。
日本は粛々と対応しているだけですが、本当にオーバーな反応を示す国です。
私たち日本人から見ると、中国人や韓国人って、感情をコントロールできないように見えます。
日本人は、怒鳴る事や相手を罵倒するやり方は、品がなく恥ずべき態度と考えます。
しかし、中国・韓国は相手を罵倒して、相手に何も言わせないのが勝ちだという意識があると思う。
だから私たち日本人とは話が出来ない。

いくらこちらが冷静に対応しても、相手は最初から怒鳴って罵倒して、それで勝ったつもりでいるのです。
今回の反応も、日本を罵倒して、それで一時的な感情で勝ったつもりなのでしょう。
しかし、韓国が騒げば騒ぐ程、日本人の心には韓国との距離が生じます。
竹島問題も、騒ぐ事で逆に日本人が関心を強めています。
口に出さないだけで、「無理して韓国と仲良くしなくても良い」とか「国交断絶しても良いんじゃない」とか、そう考える人も増えていると思います。

韓流ブームも今となっては風前の灯。
最近すっかりカラや少女時代をテレビで見なくなりましたね。
元々、無理矢理作ったブームですからね。
韓国にからむ番組が視聴率低迷すれば、テレビ局だってごり押し出来なくなって来ます。
それだけ韓国を嫌いな日本人が増えているって事ですね。

自分たちに都合の良い時だけ、日韓友好を叫び、用が無くなれば手のひらを返す。
そんな事をされたら、日本人だけでなく、世界中のどの国の人だって仲良くはしませんよ。
手のひら返しが得意な、中国と仲良くお互い騙し合って行くのが良いのではないですか。
元々、1000年もの永きにわたり、その時々の朝廷の属国として行きた来た民族なのですから。
その方がお似合いだと思います。

私たち日本は、心から解り合えるアジアの国々と、手を取り合って共に発展する道を歩みましょう。
そして竹島はちゃんと国際法にのっとって、平和的に日本の手に取り戻しましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:37 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。