2012年12月27日

働く日本人

121227.jpg

寒いですね〜。この冬は本当に寒さが厳しい。
我が家もついにクリスマス前にストーブを出しました。
さすがに底冷えして来たので、暖房では暖まりません。
やはりストーブは暖まりますね。

今日は一日、ポストカードの発送準備に追われていました。
年末ですので、一日でも早く送らないと・・・と思いながらも、結局今日になってしまった。
夕方には発送できる準備が整っていましたが、集荷に来てもらおうと宅配業に電話しても、なかなか繋がらない。
いつもならすぐに繋がるのに、何度電話しても電話に出ないか話し中。
仕方なく以前貰っていた、ドライバーの電話番号に電話して取りに来てもらいました。

夕方は子供達を迎えに出るため、結局19時以降に取りに来てもらいました。
本日発送には間に合わないため、結局は明日発送の形となります。

やはり年末と言う事で、運送会社も込み合っているのでしょうね。
つい先日まではクリスマスプレゼントの配送。
我が家のサンタさんも随分とお世話になりました(笑)
そして年末には、贈り物などの配送等が多いのでしょうね。

現に我が家も奄美や北海道から、食材が届いています。
北海道から先日ラーメンや数の子も届き、奄美からは地鶏や島の料理等が届いた。
大晦日には北海道から、おじいちゃん手打ちのソバも届く予定です。
我が家はかなり宅配業者さんにお世話になっています。

最近はネットでの買い物も増えているので、宅配業者は大忙しだと思います。
ネットで注文して、早ければ翌日とか翌々日とかに商品が届くのですから、本当に便利な世の中になりました。
でも、これは流通がしっかりと安定している事。
そして何よりも宅配サービスの質が良いから出来る事なんですよね。
「注文した商品が届かない」なんて事は、そう滅多にある事ではありません。
当たり前の事が当たり前に出来ている。
それはしっかりと宅配サービスが出来ている証なんですよね。

さらにはネットで配送状況が確認できたりして、ますます便利になっています。
この便利さ、そして確実さは、日本だから成り立つのだと思います。
時間をしっかり守る日本人だからこそ、安定したサービスを提供出来るのでしょう。
宅配業者もギリギリまでコストを抑えて、何とか低料金で宅配をしています。
年末年始も無く荷物を持って走るドライバーの皆さんのお陰で、私たちは贈り物を届けたり、受け取ったり出来るのですね。
本当にありがたい事だと思います。
だって、運送費にお正月料金や休日料金なんて無いんですから。

私たちが便利に過ごしている裏で、こうやって地道に頑張って下さる方が大勢いるんですよね。
多くの企業がもうすぐお正月休みに入ります。
でも、クリスマスも年末年始も関係無く、ずっと頑張って下さる皆さんがいます。
そんな皆さんに支えられて、私たちはステキなクリスマスやお正月を送る事が出来るんですよね。
感謝して年末年始を過ごしましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
デパートで、コンビニで・・・そしてislandさんが仰るように宅配業者さんで、日本人の勤勉さ、誠実さをしみじみ感じてありがたいですよね。
最近、ロジャーパルバースという方の「もし日本という国がなかったら」という本を読みましたが、日本人の対応の優しさ、謙虚さを世界は見習うべきだと。

安倍内閣、朝鮮学校無償化中止や生活保護費の見直しなど、着々と国益を守る政策を打ち出していますね。拉致問題にも真摯な対応を約束して、被害者家族はどれほど力強く思っていることでしょう。
安倍総理のご健康、ご健闘を心より祈ります。

islandご一家も、健康でよいお年をお迎えください。
Posted by 春眠 at 2012年12月29日 10:18
春眠さん、私たちは日頃当たり前のように感じていますが、日本人の勤勉さ、誠実さと言うのは、本当に世界が見習う価値のあるものだと思います。
その事に少し日本人自身も気づいて来た。
だからこそ、さらに気を引き締めて、自分自身もそうあろうと頑張る必要があるのだと思います。
常に感謝の心を持って、働く事が日本のため、将来の日本のためになるのでしょうね。
安倍総理も実に仕事が早く、あらゆる事に積極的に動き始めました。
相変わらずマスコミは足を引っ張ろうと躍起になっていますが、6年前とは違います。
しっかりと見守っていきたいですね。
今年もつまらないつぶやきにお付き合い頂きありがとうございました。
まだ三日ありますが、春眠さんご家族も、よいお年をお迎え下さい。
Posted by island at 2012年12月29日 10:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550821
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック