2012年12月12日

嫌なニュースと嬉しいニュース

121212.jpg

なんか凄い一日でしたね。
北朝鮮が予想に反してミサイルを発射するわ、尼崎連続殺人事件の主犯者、角田容疑者は自殺するわ。
今日一日でマスコミはてんやわんやだった事でしょう。

北朝鮮のミサイルは「不具合が見つかった」と報道され、「発射台から撤去された」と言われていたので、ほとんどの人が「発射は延期」と見ていました。
ひょっとするとこのまま中止か?とすら思わせていた所に、本当に突然発射しました。
日本政府だけでなく、世界中が裏を突かれた感じです。

まぁ北朝鮮が「部品に不具合が・・・」なんて情報を出す時点で、本当は怪しいのですが、マスコミはそれを完全に信じ込んで報道していたのでしょうね。
今回のミサイル発射によって解ったのは、北朝鮮と言う国のずる賢さとしたたかさ。
相手を騙す事にかけては世界一の先進国と言えるかも知れません。

もう一つ明らかになったのは、ミサイル発射が成功したと言う事。
これは、北朝鮮が世界に向けての発言権を強めたと言う事になります。
弾道ミサイルに核爆弾を積んで、「いつでも発射して見せるぞ」と世界に発信出来る事になってしまった。
アメリカの北朝鮮に対する態度も、今回のミサイル発射成功によって、変わって来る事でしょうね。
日本は強く毅然とした外交をするためにも、やはり国防軍を始め、しっかりと国を護る体勢を整えなくてはなりません。

角田容疑者の自殺は、これまたビックリのニュースでした。
留置所でどうやって自殺できるのか?と思ったら、長袖Tシャツで自分の首を絞めて自殺したとか。
本当にそんな事で自殺できるのか?と思ったが、どうも出来るらしい。

しかし被害者の遺族にしてみたら、怒り心頭ですよね。
さんざん人の人生を、家族の人生を無茶苦茶にしておきながら、自分が追いつめられたら逃げる様に自殺するんですから。
同じ死ぬのなら、被害者と同じ苦しみ悲しみの半分でも味わってから死んでくれ。と言うのが、本音だと思います。
残された遺族は、事件を究明する事で、少しでも報われたかったのに。
それすらせずにさっさと逃げてしまうこの人間は、本当に卑怯者で外道です。

留置所で自殺してしまった事で、警察の対応が指摘されていますが、自殺を食い止めるってのは、なかなか難しいでしょうね。
本当に自殺させないのなら、それこそ四六時中見張っていなくてはなりません。
警察の落ち度であった事は事実ですが、完全に阻止出来たか?と問われれば、それは難しかったかと思います。

こんな二つの嫌な出来事があった一日ですが、ひとつ嬉しい事もありました。
以前から支援をお願いしていました「ひろきくんを救う会」。
目標金額が達成出来て、本日、アメリカに向けてひろきくんとご家族が飛び立ちました。
伊丹空港から成田空港を経由して、アメリカへと飛び立って行きました。

第一ステップは何とかクリア出来ました。
次はアメリカで無事手術を終える事ですね。
ひろきくんのお父さんから、随時メールをもらう事になっていますので、近況が解り次第、facebookの方に反映して行きたいと思います。

頑張れひろきくん。
無事手術を終えて、元気な姿で帰って来て下さい。
近況はfacebookで
https://www.facebook.com/hiroki.sukuu
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550806
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック