2012年12月04日

選挙戦スタート

121204.jpg

ついに選挙戦がスタートしました。
12党もの党が乱立する今回の選挙。
テレビではしきりに、「どこに入れて良いのか解らない選挙」等と言っています。
しかし、それはテレビ側が勝手に決め込んでいる事。
解らないからこそ、しっかり有権者がそれぞれの党の、公約や政策を読み取る事が大事です。

前々回の「郵政選挙」そして前回の「政権交代選挙」。
いずれもマスコミが誘導して、有権者を導いていた選挙です。
しかし、その結果は「小泉チルドレン」「小沢ガールズ」を生み出し、選挙の素人を増やした感が否めません。
その中から優秀な人も出て来るのでしょうが、その時の風に乗って浮上した人は、風がおさまれば次は落ちるだけです。

マスコミの煽った風によって、政治家として本当に優秀な人を落とし、風に乗って名前も実績も無い人を政治家としました。
特に前回の「政権交代選挙」は、自民党と言うだけでそっぽを向かれ、民主党と言うだけで票が入った選挙です。
マスコミの「政権交代」という言葉だけが、有権者の頭に刷り込まれ、何も考えずに民主党議員を増やしてしまったのが、前回の選挙と言えるでしょう。

その結果は・・・。
もう言うまでもありませんね。
この3年3ヶ月の間で、日本はもう立ち直れないかも知れないと言うくらい、本当にぼろぼろになりました。
それでも未だに民主党は自己弁護に走り、自民党の批判を繰り返しています。

前回の選挙では「一度やらせてみたら良い」とか「ダメなら戻せば良い」という声が圧倒的に多かった様に記憶しています。
そんな中でも私は、このつぶやきで頻りに「民主党ではダメだ」と訴えかけていたと思います。
自民党が良いという訳では無く、民主党では日本がダメになると思っていました。
結果は私の予想を遥かに越える程、日本はダメになってしまいました。

今回、マスコミは民主党を推す訳にもいかず、それに変わる第三極として最初は維新を推していました。
しかし、途中から雲行きが怪しくなり、石原慎太郎氏が合流した事で、一気にマスコミは維新から離れました。
そして突然出て来た「日本未来の党」を推している感があります。
その「日本未来の党」ですが、中身は「国民の生活が第一」である事は誰しもが解っています。
つまりは小沢一郎氏の党である事になります。

早い話が「日本未来の党」は、消費税反対で民主党を出て行った人たちで作った「第二民主党」以外の何者でもありません。
ただ単に看板を変え、表の顔を変えただけ。
フタを開けると、そこには小沢一郎氏を中心とした元民主党のたまり場です。

マスコミは露骨に民主党を推せないので、第二民主党と言える日本未来の党を推しているのかも知れません。
どうしても自民党政権には戻したくないのでしょう。
マスコミの狙いは民主党と日本未来の党で、政権を担ってもらいたいのかも知れませんね。
仮に自民党が政権を担うとしても、自民党単独にはしたくない。
そんな狙いが見え隠れしています。
だから自民党の公約に対して、批判的なコメントばかりを出すのでしょう。

前回の「政権交代選挙」でマスコミに騙されたと感じている人は多いと思います。
今回の選挙は、自分自身でしっかりと調べ、いろんな人と話をして、自分の考えで一票を投じましょう。
選挙に行かないと言う事は、日本の未来を捨てると言う事です。
私たちには子供・孫の時代に、「日本が良くなった」「日本人に生まれて良かった」と思えるような国にする義務があります。

日本のために、子供達・孫達の未来のために、しっかりと選挙戦を見て投票しましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550798
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック