2012年10月20日

民主党とマスコミと差別と

121020.jpg

【写真はSankeiWebから】

政治が全く機能しませんね。
野田総理は国会を開くと、解散を迫られるのが嫌なようで、せっかくの党首会談も物別れに終わったようです。
私から見れば明らかに民主党がおかしいのですが、マスコミは違うようです。
民主党も悪いが自民党も解散だけを迫っている。
だから民主も自民も悪い。
そう言いたいようです。

おかしいですね〜。
自民党麻生政権の時は、政権できたての時から、ずっと「解散は?」って聞き続けてたのはマスコミでしょ。
自分たちは解散を迫り、解散をあおり、解散となれば「政権交代選挙」って大々的にPRする。
自分たちがやってた事は棚に上げておいて、解散を迫る自民党は批判ですか。

「近いうちに解散」って約束したのは野田総理ですよね。
その約束もあいまいにし、願わくば無かった事にしようとする。
その行為はスルーして、なぜ約束を守れと迫る自民党を批判するのか。
本当にマスコミのやり方ってズルいですよ。
あなた方に政治家を批判する資格なんて全くありませんから。

大阪でも橋下大阪市長と週刊朝日がバトルをしましたが、あっさりと週刊朝日がお詫びをする事で決着しました。
しかし、すぐにお詫びを出すのなら、最初からやらなきゃいいものを。
きっとこれ、お詫びをするって言っても、すぐに別の方法で攻撃をすると思います。
メディアとしてのプライドは無いのでしょうか?
きっとプライドを勘違いしているのでしょうね。

日頃は「人権だ、差別だ」と騒ぐメディアに限って、自分たちがあっさりと人権を無視して記事を書いています。
人権も差別も平和も、結局のところ、自分たちの目線でしか見ていない。
自分たちが差別だと感じたら差別。
誰からみても差別だと感じても、自分たちが違うと言えば違う。
そんな考えが根付いているのだと思います。
結局声を荒げて「差別だ〜人権侵害だ〜」と叫ぶ者の勝ちって事ですよね。
だって日頃「差別だ!人権侵害だ!」って叫ぶ団体などが、今回の件に関しては何も声を荒げません。
つまりは今回の件は差別でも人権侵害でも無いって見ていると言う事です。

同じ事をやっても、ある人にとっては差別になり、もう一人は差別にならない。
これこそが本当の差別でしょう。
麻生総理時代に麻生氏がホテルのバーで夕食をしたら「庶民感覚が無い」と叩かれたのに、鳩山由紀夫氏が総理になったら、超お金持ちな事で「セレブ」ともてはやしました。
安倍氏は今回の総裁選でカツカレーを食べたら、3500円のカツカレーが高すぎると叩かれました。

ようはマスコミは、自分たちの都合によって、ある人は叩くけど、ある人は賛美するのですね。
それって差別じゃないんですか?
自分たちは権力と戦う正義の味方だと勘違いしているのでしょうか?
でも、実際のところは、強き者になびき、自分たちに都合の悪い人は卑劣な方法で叩く。
これのどこが正義だ!!って言いたくなりますよね。

もうマスコミに正義も良識もありません。
あるのは、自分たちとご都合主義と、単なる自己満足だけ。
報道する責任なんて微塵も感じていない。
テレビ・新聞は話半分。
情報はあらゆるところから入手して、自分で判断する事がこれからは必要ですね。
最終的には自分の頭で考え、自分で判断する事を心がけましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550752
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック