2012年10月16日

小さな魔女現れる

121016.jpg

火曜日は毎週長女の英語教室の日です。
いつも託児所から帰って来たら、慌ただしく英語の準備をして教室へと向かいます。
しかし、今日はいつも以上にルンルンの長女。

じつは今日の英語教室はハロウィンで、子供達は仮装をして行く事になっています。
昨年は「買うのがもったいない」という理由で、帽子とアイマスク(メガネ)を作って、マントは家にある布で代用しました。
しかし、帽子を作るには結構な手間ひまがかかる。
紙で作ったので、終わったらそのままゴミ箱行き。

今年は作る気力も時間も無いので、予め安いセット(帽子とマント)を買っておきました。
しかしそれだけでは物足りないので、結局アイマスクだけは作る事にしました。
アイマスクは小一時間もあれば出来るので、今年は昨年と比べると断然楽。
しかも昨年は息子までいましたからね。
もう中学生なので、さすがに英語教室でもハロウィンの仮装はしないようです(笑)

託児所から帰って来て、できたアイマスクを付けて大喜びで英語教室に向かった長女。
それを見て次女は、またまた「自分も行く〜〜〜〜」と大泣きしていました。
最近お姉ちゃんの真似ばかりしたがる様になりました。
これからますますなんでしょうね。
きっと英語も剣道も、お姉ちゃんの後を追っかけて続けるのだろうな。

英語教室が終わって戻って来た長女は、何故かテンションが低い。
見るとマントをしてない。
どうもマントの紐が取れてしまったようです。
友達に引っ張られて切れてしまったとか。
それでテンションが低かったようです。

しかし、お菓子ももらって楽しんで来たようで、すぐに機嫌を直していました。
来年も必ずハロウィン仮装はあると思うので、今回買った帽子とマントは来年用に取っておかなくては。
そうそうマントは紐もしっかり直して。
アイマスクは・・・・また来年作りましょう(^^;)

私たちが子供の頃は、ハロウィンはおろか、クリスマスすらまともに祝う事なんて無かったです。
今の子達は楽しみが沢山あって良いですね。
ハロウィンが終わったら、一気にクリスマスモードが高まります。
あぁ〜年末の足音が近づいて来ますね。
なんか気分的に追いかけられている気持ちです(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550748
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック