2012年10月10日

携帯とiPhone

121010.jpg

iPhone5が届いて約1週間。
一通り使って来て、やはり便利な面が多い反面、ちょっと面倒な点もある。
これまでは「携帯電話」という意識で、「電話」として使っていた。
しかしiPhoneは携帯の前にスマートフォンである。
電話の機能だけでは無い。

当たり前と言えば当たり前なのですが、それ故に面倒な点もある。
携帯の場合はやはり電話が主流なので、電話をかけやすい。
何せ数字のボタンをすぐに押せるし、ボタンひとつで電話帳も呼び出せるのですから。
しかしiPhoneはまず電話アイコンを押して、そこから「よく使う項目」や「履歴」「連絡先」で相手を選ばなければならない。

これはiPhoneが多機能故の欠点でしょうね。
iPhoneを電話としてとらえるか、多機能通信機器としてとらえるかで、使い方が変わって来ます。
長年携帯電話に慣れてしまった私としては、やはりこの点は面倒です。

もう一つ面倒な事が、着信があった時の通知。
携帯電話の場合、着信があった事に気づかずに置いてあると、後々LEDが点滅してそれを知らせてくれた。
緑色の点滅ならメール、青色の点滅なら電話。
しかしiPhoneはそれが無いから画面を見るまで解らない。

電話として使おうと思うと、どうしても携帯電話よりは使いにくくなるのは、どうしようもないのでしょうね。
何せ携帯電話は「電話」に特化し進化した物です。
一方のiPhoneは電話よりもネット等を使った通信。そしてアプリを入れる事により、様々な物へと変化します。
面倒な点もありますが、これは私がいずれ慣れる事でしょう。
面倒な点よりもやはり便利な面が多いので、やっぱりiPhoneは手放せません。

まだまだ使いこなせていない面もありますので、これからボチボチと使っていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550742
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック