2012年10月09日

ノーベル賞受賞に思う

121009.jpg

【写真はSankeiWebから】

日本人の優秀な頭脳がまたひとつ評価されました。
京都大教授の山中伸弥教授がiPS細胞の研究で、ついにノーベル賞を受賞しました。
今日はどのニュースを見ても、受賞会見のニュースで持ち切りでした。
同じ日本人として誇りに思えますね。
何よりも地道に研究を重ねて来た、その姿勢が素晴らしいし、やはり日本人らしいと感じました。
そして記者会見でも「支えてくれた皆さんに感謝」という、とても謙虚な姿勢で、これまた日本人らしいと思いました。

しかし、このノーベル賞受賞につながるまでは、本当に苦労の連続だったようです。
これはどの研究者でも口にしていますが、やはり支援が無さ過ぎる。
民間企業の支援も少なければ、国の支援も少なすぎる。

今回のノーベル賞受賞を、民主党の議員達は喜んでいますが、政権交代時に「事業仕分け」という名目で、あらゆる支援を断ち切ったのは誰ですか?と言いたい。
思えばハヤブサ然り、スーパーコンピューター然り、みな反骨精神で偉業を成し遂げています。
そして今回のiPS細胞の研究も同じです。

本当に民主党政権って、日本を良くするためではなく、日本を滅亡へと導くための政権だった事がよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜く解ります(笑)
「二番じゃいけないんですか?」って聞いたあの方は、この偉業をどのように見ておられるのでしょうね。
ハヤブサもスーパーコンピューターも、そして今回のiPS細胞も、決して自分のためにやっている訳ではない。
みんな世のため人のために頑張っています。
自分たちの研究が、いずれ世の中に役立つ事を夢見て頑張っている。
だからこそノーベル賞を受賞しても、実に冷静に喜んでいるのだと思います。
ノーベル賞を受賞するのが目的ではなく、iPS細胞の研究が難病の患者の命を救う事を目的としている。

損得ばかりを考えていては、こんな地道な研究は出来ないでしょう。
民間企業も国も支援が少ないというのは、どちらも目先の損得ばかりを考えているからなんでしょうね。
日本の将来を見据えて、先行投資するような考えが無いから、今の日本は低迷しているのだと思います。
民間企業も自己利益のことばかり考えて、「日本のために」という考えがあまりになさ過ぎます。
特に海外進出している大手企業は、自己利益のために国を売っているような企業すらあります。

そんな中で山中教授がノーベル賞を受賞した事は、本当に日本人に夢と希望を与えてくれたと思います。
今後、このiPS細胞の研究がますます進み、様々な治療に活かされる事を望みます。
奇しくも今、私は「ひろきくんを救う会」という会のお手伝いをしています。
近い将来、同じ様に難病に苦しむ患者が、救われる日が来る事を切に望みます。
ひろきくんはそれまで待っている時間はありません。
一刻も早く心臓移植の手術を受ける必要があります。
そのために、皆さん日々頑張っておられます。

このブログを読まれた方、出来ればその事も知って頂ければ幸いです。
そして少しでもお力を頂戴出来れば嬉しいです。

ひろきくんを救う会
ホームページ http://hiroki-sukuu.com
facebookページ https://www.facebook.com/hiroki.sukuu
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550741
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック