2012年08月24日

目が覚めた日本人

120824.jpg

韓国の対応がますますおかしくなって来ました。
野田総理からの親書を送り返すなんて、これってまるで国交の無い国の対応です。
戦争中の国でも親書を送り返すなんて暴挙はしません。

事の発端は、李明博大統領が竹島に不法上陸した事に対して、野田総理が謝罪を求めた文書を出す事になってから。
国会で問いつめられて、また国民感情からして、このまま韓国の好き勝手にはさせられない。
親書を送るなんて生温い対応ですが、民主党政権の総理ならこれで精一杯なのでしょう。

しかし、この生温い対応すら、韓国は突っぱねて来ました。
逆に言えば、生温いから突っぱねたと言えます。
「行ったのは独島であり、竹島ではない、事実誤認だ」などと寝ぼけた事を言っているようです。
まるで幼児の良い訳みたいで、「これが一国のリーダーの発言か?」と思いました。
北朝鮮じゃあるまいし、と思いましたが、やはり同じ民族だと痛感しました。

任期が残りわずかとなった李明博大統領は、自分の実績作りと退任後の身の保証ために、なりふり構わず行動しています。
とにかく反日をやっていれば、国民は喜ぶし人気も高まる。
自分の事しか考えていないのですね。

これだけ日本に敵対心を見せられると、日本人だって「韓国ってそんな国だったの?北朝鮮と変わらないじゃん」って思うものです。
私は最初から韓国なんて信用していませんが、少なくとも今回の件で、韓国が嫌いになった人は多いと思います。
これって韓国にとって良い事なんでしょうか?
どんな民族だって、「おまえらなんか嫌いじゃ」と言われたら、仲良くしたいなんて思いませんよ。
日韓友好なんて言いながら、やって来た事は全て反日活動です。

韓流ブームもK-POPも韓国国内だけでは需要がないから、日本で稼ぐために国策でやってきたこと。
韓国の通貨ウォンを意図的に下げて、ウォン安円高にして自国の製品を輸出しやすいようにしてきた。
ところがあまりにウォンが下がりすぎて、通貨危機が起きると、日本に支援を求めてくる。
日本政府もバカだからやすやすと支援に乗り出す。
で、結果が今回の対応。
も〜バカにするのもたいがいにせぇ〜。って言いたくなりますよね。

李明博大統領も引くに引けません。
野田総理だって、このまま何もしなければ、ますます支持率は下がる。
竹島に続き、尖閣への中国人上陸で、ますます領土問題がクローズアップされている。
この問題を避けていては、支持率は急降下。
野田総理も引くに引けない。

中国にしろ韓国にしろ、これまでの見せかけだけの友好は通用しなくなって来ています。
本来の外交とは、左手で握手して、右手に武器をちらつかせながら、お互いの腹の内を探るもの。
日本はこれまで武器を持っている相手の左手に両手で握手して来ました。
これではどの国だって舐めた対応をします。
それが、戦後の日本の外交であり、現状がその結果なのです。

相手としっかり向き合って外交をする。
そのためには自国軍は最低限必要です。
やはり早く憲法改正をして、自衛隊を日本国軍にしないといけません。
それしか自国の領土を護り、相手国と対等に外交できる術は無いのです。

それを気づいた国民も多いと思います。
今回の韓国・中国の対応。
本当に腹立たしいですが、その事で目覚めた国民がいると思えば、逆に良かったのかも知れません。
いつまでも敗戦国では無い。
そろそろ自分たちの憲法を自分たちで作らないといけない時期に来ています。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550687
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック