2012年08月17日

強制送還じゃなく釈放だと思う

120817.jpg


やっぱり案の上の対応でしたね。
尖閣に上陸した香港の活動家を、強制送還してしまった政府。
二年前の漁船衝突問題で後手後手に回ったので、今回はサッサッと終わらせてしまいたかったのでしょう。

確かにこれで中国に対しては早急な対応が出来たかも知れません。
しかし、逆に日本国民に対しては、最悪な対応をした事になります。
「私たちは中国ともめたくないので、すぐに中国に帰します」と言っているようなものです。
何と言う弱腰対応。
もう情けないとしか言いようがありません。

野田政権は、将来の事を考えずに、ひとまず今が何事も無く終息できればどれで良かったのでしょう。
しかし、今回の対応は、中国に対して「今回の上陸くらいならすぐに帰って来れる」というメッセージを送った事になります。
海上保安庁の阻止を振り切り、海上保安にレンガを投げつけ、無理矢理島に上陸して逮捕されたとしても、すぐに釈放されるという前例を作ったのです。
これで、中国はどんどん上陸しやすくなったと言えます。

将来の事を考えるのなら、今回はどんなに中国が反発しようとも、起訴して裁判にかけるべきでした。
中国は最初から、日本政府にそれだけの覚悟が無い事を分かって、今回の行動に出ています。
完全に舐められきっているのです。
そしてそれにまんまと乗っかった政府の対応。
情けないとしか言いようがありません。

韓国といい中国といい、日本を完全に舐めきって行動を起こしています。
いくら日本国民が怒っていても、日本政府は中国・韓国の思い通りの、弱腰対応で相手の思うつぼになっています。
あぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜〜何と情けないことか。
靖国の英霊たちが空の上から現状を嘆いている気がしてなりません。

しかし、嘆いてばかりていも仕方ない。
今回の韓国大統領の竹島への上陸、そして中国活動家の尖閣上陸。
日本はやられっぱなしですが、今回の件で、日本国民の領土に対する意識が、少しは高まった事がせめてもの救いです。
そして、中国・韓国という国が、民族がどんなものなのかを、多くの日本国民が知る事になった。
それは不幸中の幸いなのだと思います。

日本がいつまでも紳士的な対応だけで、中国・韓国・北朝鮮・ロシアとの問題を解決できるハズはありません。
時にはにらみをきかせ、半分恐喝に近いくらいの凄みを見せる事も大切です。
「日本を本気で怒らせたらまずい」そんな雰囲気を見せる事が大事です。
まぁ野田政権、民主党政権ではそれは望めないので、一刻も早く解散してまともな政権を誕生させてほしいと思います。

民主党政権になって良かった事。
それは日本国民が真剣に国の事を考える様になった事ですね。
悲しい現実ですが、一歩ずつ前に進むためにも、私たち日本国民一人一人が頑張る事が大切だと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550680
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック