2012年08月13日

我が家のお盆

今朝、いつものように、嫁さんと娘たちを乗せて、出勤&登所のために車を走らせた。
住宅街と田んぼ道を抜けて、国道に合流する。
ここはいつも車の往来が激しくて、なかなか国道に入れない。
いつもタイミングを見て合流するのですが、今朝はやたらとスムーズに入れた。

車が全くと言ってよい程走っていない。
本当にガラガラなのです。
「あれ?何で〜〜〜〜?」と思いましたが、よくよく考えたら一般世間はお盆休みに入っているのですね。
いつもなら通勤ラッシュで渋滞を起こしている道ですが、今朝はその車が全くありません。
今日は13日なので、迎え盆なんですね。

お盆休みの人は、多くの人が田舎に帰省している事でしょう。
そしてご先祖様のお墓参りなどをするのでしょうね。
我が家は子供が産まれてこのかた、お盆に里帰りをした事がありません。
夏休みは毎年お盆をずらして取っています。

嫁さんが病院勤務なので、一斉に夏休みにならず、みな交代で休みます。
お盆の時期に休んでも、その時期は飛行機の運賃がベラボーに高い。
1〜2週間ずらすと、運賃は安くなります。
正確に言うと、安くなるのではなく、通常に戻ります。
お盆の時期は、どうしても割高の金額になる。
それを避ける意味でも、我が家は毎年夏休みはお盆をずらして取っている。

そのため「お盆休み」という感覚がないのです。
私たちだけならそれでも良いのですが、やはり子供がいるとそれもちょっとどうかな?と思う様になってきました。
一つは息子が中学に入り、学校が夏休みでも、部活などがある。
部活もお盆の時期に休みに入る。
そして学校の行事なども、夏休みの終盤あたりにあったりする。
そうなると、我が家がいつもお盆を過ぎてから夏休みを取る時期と、ちょうど重なる。

もう一つ、我が家でお盆が無い事の問題が・・・。
子供たちが「お墓参り」というものを経験していない。
もちろん帰省した時には、ちゃんとお墓参りしますが、このお盆の時期にご先祖様を迎えて、お墓参りするという事を一度も経験していないのです。
長女などは「夏休み」という言葉は知っていても、「お盆休み」が分からない様子。

託児所もお盆は交代で先生方がお休みします。
この時期はお休みの子供も多く、いつもの賑やかな託児所とは少々雰囲気が違う。
長女は「家はいつ夏休みなの?」と不思議そうに聞いて来ます。
多くの子供たちや先生が、このお盆の時期にお休みしているのに、なんで家は違うのか?と思っているのかも知れません。

本当はお盆に帰省して、ちゃんと子供たちをお墓参りさせたい。
しかし、とてもじゃないが、家族全員でお盆の時期に飛行機に乗れない。
仮にこの時期に奄美に家族全員で帰省しようと思えば、飛行機代だけで30万円はみておかないといけません。
まだ次女は2歳なので、お金はかかりません。
来年からは子供料金が必要となるので、そうなると35万円くらい必要となります。

我が家のお盆は、毎年、いつもと変わらぬ平日なのです。
お墓参りが出来ない分、せめて子供たちにご先祖様の話をして聞かせたいですね。
そして帰省した時には、お盆の分もしっかりとお墓参りしたいと思います。

【写真は5年前のなら燈花会】
120813.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550676
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック