2012年08月09日

高校野球が始まっていた

気がついたら高校野球始まっていたのですね。
どうもオリンピックばかりが目立って、高校野球が盛り上がっていない。
連日暑い中、甲子園で熱い熱い戦いが繰り広げられるのですね。

奈良県代表、今年は我が町の「天理高校」が出場します。
この数年は、智弁学園と代表の座を争い、出場しても2〜3回戦で姿を消す事が多い。
しかし、過去に二度優勝しています。
それだけの実力を持ったチームです。
今年はどこまで頑張ってくれるか期待しています。

我が町の「天理高校」ですが、私の故郷は奄美大島です。
ですから出場県別で言うと鹿児島県になります。
しかし、奄美んちゅ(奄美の人)は、鹿児島県人という意識が低い。
そのためか、鹿児島代表をあまり応援しません。

鹿児島の代表と言えば、鹿児島実業高等学校や樟南高等学校、神村学園が、よく出場をしています。
以前は鹿児島商工などもよく出場していましたが、最近はあまり聞かなくなりました。
いずれにしても、鹿児島本土(離島を含まない)の出場校です。
なので、どうしても自分たちの代表校というイメージが持てないのでしょう。
一度でも、奄美から代表して出場したら、もの凄い応援をすると思います。
それこそ、島をあげての大応援団が出来るでしょう。

鹿児島は旧薩摩藩の鹿児島本土と、元々琉球文化だった奄美諸島とに分かれます。
同じ鹿児島県と言えども、食文化も言葉も全く違う。
薩摩は芋焼酎ですが、奄美は黒糖焼酎です。
薩摩から学校の先生が赴任して来ると、言葉が半分通じません(笑)

そんな事もあって、私たち奄美んちゅは「鹿児島県人」という意識が非常に薄いのです。
ですから、鹿児島代表もそんなにチカラを入れて応援する事が無い。
その反面、奄美の高校が出場したら、もの凄い応援になると思います。
残念ながら一度もそんな事はありません。

もう20年近く前の事ですが、奄美高校が一度だけ、地方大会の準々決勝辺りまで勝ち進んだ事がある。
島の高校は、ほとんどが一回戦か二回戦で敗退します。
ところがその年は、どんどん勝ち進んで行ったと言います。
学校側もそんな事は予測できていなくて、途中で滞在費が無くなってしまったらしい。
急遽、地元での募金などを行ったらしいのですが、可哀想なのは選手たち。
大事な試合の日に、朝ご飯が用意できなくて、パンを一つだけ食べて試合に臨んだとか。
結果敗れてしまい、いろんな意味で悔しい想いをしたことでしょう。

一度くらい、奄美代表の高校が甲子園出場を果たしてほしいものです。
我が町の天理高校を応援しつつも、毎年そんな事を思う高校野球です。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550671
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック