2012年06月05日

オウム事件を忘れるな

二日前からテレビのニュースは、オウム真理教菊地直子逮捕で持ちきりです。
速報で流れた時は「菊地直子に似た女性がいる」との情報が寄せられたと言っていましたが、公開された写真を見る限り全くの別人ですね。
指名手配の写真とは似ても似つかないほどに、その風貌が変わっています。
これはきっと、賞金欲しさの菊地直子の存在を知る人間の告発だと思います。

これだけ風貌が変わっていたら、誰も菊地直子だと気付かないですよね。
実際に堂々と仕事をして、社会に溶け込んでいたのですから。
一緒に働いていた人達ですら、その存在に気付かなかった程。

昨年末に平田信容疑者が出頭してから、忘れられつつあるオウム事件が再び動き出した感じです。
今回の菊地直子逮捕は、もう一人の指名手配犯「高橋克也」を確実に追い込んでいると思われます。

偽名も判明し、菊地直子自身が2年前に会っている事から、今の似顔絵も作られる事でしょう。
現に働いていた会社も判明し、菊地直子逮捕の翌日から行方が解らなくなっている。
そして偽名の口座から、現金が引き落とされている事から、逃亡を開始したと見られているようです。
確実に包囲網が敷かれる中、今必死に逃げ回っているのでしょう。

オウム事件の犯人が追いつめられる中、オウム真理教そのものは、アレフと名前を変えて今も活動を続けています。
そして未だに麻原被告を信じているようです。
ここ数年、また信者数が増えているらしく、また元の教団に戻っている気がしてなりません。

あれだけのテロ事件を起こしたのに、何で入信する人がいるのか?と不思議に思いますが、引かれるひとは引かれてしまうのでしょうね。
辛い現実から逃避しているんだと思いますが、今の社会の閉塞感も要因のひとつでしょう。

オウム地下鉄サリン事件から、もう17年経過していますから、あの事件の恐ろしさをリアルタイムで知らない世代が増えて行きます。
知らないでオウムの教えに染まって行く若者が、これから増える可能性も十分にあります。
その意味でも、今回の菊地直子逮捕、そして高橋克也を逮捕して、オウム地下鉄サリン事件を含む、オウム真理教の異常さを再び世間に知らしめる必要があると思います。
この事件は風化させてはいけません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550606
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック