2012年06月04日

昨夜の事故

昨夜、身近で起きた事故。
残念な事に死亡事故となってしまったようです。

今朝、子供達を送って帰ってくると、事故現場で警察の方が検証をしていました。
その時はただただ、どのように事故が起きたのか、調べているのだと思っていました。
しかし、夕方迎えに行く時に再び通ると、道端に花が手向けてある。
この時初めて死亡事故であった事を知りました。

昨夜は「女子中学生」と聞いていましたが、男子中学生で1年生だったようです。
隣町の子供で、おそらく帰路の途中に事故にあったのだと思われます。
息子と同じ中学一年生の男の子です。
他人事とは思えず、とても悲しい気持ちです。

どのようにして事故が起きたのか?
詳細は警察の調べでしか解らないと思います。
隣町に帰るために道路を通ったとなると、自転車は南から北へ。
そして車はおそらく東から西へ走っていたのではないか?

毎日走る道だから分かるのですが、自転車が走っていたと思われる道は、とても狭く車一台が何とか走れる広さ。
とてもスピードは出せない。
車が走っていたと思われる道は、私もいつも走る道。
決して広い道では無いが、十分に走れる道で、結構スピードを出して走る車も多い。
そして事故のあった交差点は、車の視点からは見通しが悪い。
特に東から西へと向う時は、住宅や植物で視界が遮られる。
さらに事故のあった時間帯は夕暮れどき。

様々な要因が重なって、今回の不幸な事故が起きてしまったのだと思います。
身近な所で、死亡事故が起きてしまうなんて、本当に悲しい事です。
事故現場には沢山の花束やお菓子が供えられています。
亡くなった子供の遺族の方。
さらには事故を起こしてしまった加害者。
沢山の人の悲しみと苦しみを産み出してしまった。

事故は簡単には無くならない。
しかし、事故を減らす努力は必要です。
今回の事故で、警察は注意の看板を立てる事と思います。
もし、立てないようであれば、自治会から要望したいと思います。
そして、看板が立ったとしても、それだけでなく、自治会としても何か対策が必要な気がしています。

もう二度とこんな事故が起きてほしくはありません。
何の罪も無い子供の命が奪われてしまった事故。
そして突然加害者となり、人の命を奪ってしまう立場になった人。
どちらも深い悲しみと苦しみを背負う事になってしまいました。
町内で起きた事故だからこそ、町内で何か対策が必要だと思います。

最後になりましたが、亡くなられた少年のご冥福をお祈りいたします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
悲しい事故ですね。

私は車も乗るし自転車も運転するので・・・、車からだと見落としも多いから、自転車の時でも道を横切る時は一度止まって確認してから渡るようにしています。
でも、最近は自転車や歩行者でも、確認をしないまま渡ったりされる方が多くて、車運転時にはヒヤッとすることも多々あります。
事故はほんのささいな偶然がぶつかって起きてしまうので、歩行者や自転車も「車が通る道」というところは気を付けるように、もっと警察などが注意喚起しないといけませんね。
(本当は個々人が気を付けるべきなのでしょうが。。。最近は危機意識の薄い人が多く感じます)

こういう事故は加害者も被害者も悲しみと苦しみを背負うことになるので、気を付けたいですね。
亡くなられた少年のご冥福をお祈りします。
Posted by けろぴ at 2012年06月05日 18:44
けろぴさん、ご無沙汰しています。
身近でこんな死亡事故が起きると、やはり辛く悲しいです。
毎日通る度に、供えられた花束が涙を誘います。

本当に最近は自転車も車も、無謀な運転をする人が多いと思います。
相手を気遣う心が無いのでしょうか?
自分中心と言うか、相手が止まってくれるもの、相手が除けてくれるものという意識が強いような気がします。

ほんの少しの気持ちで、防げる事故は沢山あると思います。
いくら道路を整備したり、標識をつけても、人が注意しなければ同じですからね。
自転車の少年が、道路に出る前に少し気を付けていれば・・・運転手が交差点に入る前に、少しスピードを落としていれば・・・。
そう思うと残念でなりません。
Posted by island at 2012年06月06日 15:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550605
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック