2012年05月31日

原発再稼働とマスコミ

ついにと言うか、ようやくと言うか、大飯原発の再稼働を進めるようですね。
散々反対してきた橋下市長も、事実上の容認と自らの口で発しました。
再稼働には反対だが、この夏の電力不足を乗り切るための、一時的な再稼働と判断しているようです。
これで何とか計画停電は避けられるかな?
マジで真夏日の昼間に停電なんかされたら、死人が出るちゅ〜ねん。

しかしまぁ〜政府の再稼働の手続きもハチャメチャです。
ただただ再稼働するために、無理やり「安全」というハンコを捺したようなもの。
本当に安全なのかは、まだまだ十分な対策が必要だと思います。
それでも、確立として低い事故を前面に出して、「原発反対」と訴えるよりは、この夏限定で動かす方が得策でしょう。
計画停電や無理な節電対策の方が、問題は大きくなります。

それにしてもおかしな政権です。
自分の党で話がまとまらないのに、野党に協力を求めて来るし、自分の党の議員と会談するのに大騒ぎだし。
本当に党内バラバラの政党ですね。
政策や理念で一つになったのでは無く、政権与党になりたかったから集まったと言う事がよく解ります。

鳩山・菅よりは少しはマシですが、野田総理も全然ダメですね。
口では「政治生命をかける」と言いますが、それを信じているのは、ご本人と一部の取り巻きだけでしょう。
残念ながら多くの国民は信じてはいませんよ。
それに今の段階で消費税を上げる事には、多くの国民が反対していると思います。

野田・小沢・輿石のトップ会談なんて、単なる自分達の都合を言い合っているだけ。
こんな事に振り回されている事に、本当に腹が立ちます。
自民党政権時代なら、こんな事していたら、「党内不一致」とマスコミに散々叩かれました。
しかし民主党だと、「一致団結か決裂か?」なんて、まるで物凄い対談のように報じられます。
政治も政治なら、マスコミもマスコミ。
まさしく目くそ鼻くそ笑うですね。

これまで橋下市長が、強い口調で「原発再稼働反対」を訴えてきたので、マスコミも乗っかっていました。
ところが、突然「事実上の容認」と、あっさりと一時的な再稼働を認めた事に、マスコミはついて行けないようです。
今、乗りに乗っている橋下市長は、叩く事が出来ないんですね。
これが自民党政権時代だったら、「ブレた」「ウソをついた」「寝返った」などなど、散々叩いているでしょう。

どの報道も「なぜ突然容認なのか?」とキツネに摘まれたような報道ぶりで、思わず笑ってしまった。
現時点での原発の再稼働は、確かな安全基準がないから反対だが、現実問題として電力不足になるので、一時的に再稼働をする。
こんな事、小学生でも解るレベルです。
「脱原発」が国民に受けると思って、率先して報道してきたので、対応に困ったのでしょうね。

政治家全てが酷いとは思いません。
中には本当に志のある政治家はいます。
マスコミも全てが酷いとは思いません。
良識を持ったマスコミの人もいます。
問題はそんな人達が活躍できない仕組みなんですよね。

生活保護問題と同じで、正直者が馬鹿をみる仕組みがいけないのです。
今の日本は全てがそんな仕組みになっている気がします。
これを変えるのは一気には難しいでしょう。
しかし、少しずつでも変えていかないといけませんね。

日本は真面目で優勝な現場の良識のある人達で支えられています。
私達もそんな一人となれるよう、頑張らないといけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550601
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック