2012年04月22日

それぞれの生活へ

今日は奄美の母と姉が帰る日です。
昨晩遅かったにも関わらず、みんな早起きでした。
子供達もいつもなら寝坊さんですが、今日は空港まで送って行くので、みんな早起きでした。

朝ご飯を済ませ、7時半には家を出ました。
まずは弟を近くの駅で降ろします。
弟も空港まで行って飛行機で東京まで帰る予定でしたが、やはり新幹線の方が安いとの事で、電車で帰る事になりました。
弟を見送り高速に乗って伊丹空港を目指します。
あいにくのお天気ですが、雨はさほど降っておらず、車も少なかったのでスムーズに空港まで走りました。

二人を見送った後、屋上の展望台に昇り飛行機を見ました。
次女はいつも空を飛ぶ飛行機を見つけては「ぶーん」と言って指さします。
いつもは家の上空を飛ぶ飛行機を見ているので、間近で見るのは久々。
昨年の奄美帰省の時以来。
その頃は飛行機には興味を示していなかったので、おそらく記憶には無いでしょう。
着陸してくる飛行機を見ては「ぶーんきた」と喜び、離陸する飛行機にバイバイしていました。

帰りはそのまま奈良市内まで走り、息子の剣道着を買いに行きました。
明日から本格的に部活が始まりますが、防具袋や袴など足りない物を買いそろえるためです。
剣道を続けるために中学受験したのですから、しっかりと頑張ってもらいたいです。

お昼には家に帰り、お昼ご飯を食べたら眠くなり、家族で昼寝タイムとなりました。
その間に奄美に着いた姉からメールが入っていたようでした。
心配していた天気でしたが、揺れる事もなく快適な空の旅だったようです。
夕方には弟にも電話して、無事帰路に着いた事を確認しました。

みなそれぞれの生活に戻って行きました。
我が家もまた明日からはいつものドタバタ生活です。
数時間前までは同じ空間にいたのが、あっという間に遠く離れて行くのですから不思議ですよね。
明日からまたそれぞれの生活を頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550559
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック