2012年03月27日

サヨナラ大島工業高校

寂しいですね。

「あなたの出身校は?」と聞かれて、これまで名乗っていた出身校が無くなってしまった。
平成24年3月31日をもって、私が3年間通った「大島工業高校」が、奄美高校に併合される事になりました。
44年間の歴史に幕を降ろす事になったのです。

私が卒業してから早27年。
その間も多くの卒業生を送り出して来ました。
男子高故のむさ苦しさはありましたが、それはそれでまた楽しい思い出でもあります。

私が在校していた頃は、まさしく「ツッパリ」の時代。
多くの生徒がリーゼントをして、長い学ランを着て、先の尖った革靴のかかとを踏みつぶして歩く。
まさしくツッパリの全盛期。
そんな時代に、私は至ってノーマルな服装で過ごした高校時代でした。

ツッパリに憧れそんな服装をしている生徒も、本当は皆楽しい仲間でした。
あの時代は強がって見せるために、外見から変えたんですよね。
ある意味、とても分かりやすい時代でした。

そんな出身校が無くなってしまう。
何とも寂しいのひと言です。
大島工業高校のホームページを覗くと、懐かしの校歌と共に44年間の歴史を写した写真が、スライドショートなって流れていました。
校歌を聴くのも本当に久しぶりでしたが、まだ歌える自分にちょっとビックリしました。

立神はるか〜陽にはえて〜♪
見よ明けわたる 名瀬の海〜♪
新たな 波を 見つめつつ〜♪
思索を深め〜技を練り〜♪
ともに学ばん〜今ここに〜♪
あぁ〜大島〜工業〜高校♪

この校歌も聴く事は無くなるのですね。
本当に寂しいです。
やはり少子化が一番の原因なのでしょうか?

出身校が無くなってしまう寂しさ。
何とも言えない寂しさですね。
これも時代の流れと受け取るしかないのでしょう。

最後に大島工業高校のホームページをリンクします。
興味のある方は覗いて頂けると嬉しいです。
(音楽が流れますので、ボリュームにご注意を)
http://www.edu.pref.kagoshima.jp/sh/Oshima-T/top.html
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550533
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック