2012年03月21日

祝・卒業

長いようで早かった6年間でした。

今日は息子の卒業式。
嫁さんも仕事を休み、私も仕事を一時中断して、家族で小学校に向いました。

体育館に入ると、卒業式の装飾が施され、思わず6年前の入学式を思い出しました。
不安と期待の中、入学したのが本当につい先日のように思い起こされ、何とも言えない気持ちになりました。
まだ長女もお腹の中で、一人っ子だった息子が入学したあの日。
6年後にこうして娘二人を連れて、家族で卒業式を迎える日が来るなんて。

暫くすると在校生が入ってきて、一気に賑やかになりました。
先生の「もうすぐ卒業生が入場しますので、静かに待って下さい」の言葉で、一気に卒業式モードが高まります。
そしていよいよ卒業生の入場です。
一人ひとり名前を呼ばれて入場して来ます。
入学時は小さかった子供達が、今では大人並に大きくなり、本当に成長した子供達の姿に、少し目頭が熱くなりました。

粛々と進行する卒業式。
卒業証書授与、在校生からの贈る言葉、卒業生からの感謝の言葉、祝辞。
そして卒業生が退場して行きます。
みんな凛としたすがすがしい顔をしています。
いまにも泣き出しそうな女生徒もいましたが、意外にみんな泣かずに凛としていました。

卒業式の後に、担任の先生と最後のホームルームがあります。
みんな教室に移動して、先生と最後のお別れの挨拶をします。
保護者もみんな教室に移動しました。
私達は子連れのため、どうしても移動が遅い。
教室に着いた時には、もう先生が話し始めていました。

そして先生から一人ひとりに、最後の贈り物をして言葉をかけます。
子供達からは先生に一人ひとり一輪の花を贈ります。
今日で最後の学校。
今日で最後の教室。
今日で最後の先生との触れ合いです。

最後のホームルームが終り、校舎の外に出てみると、来賓で来られていた方や、在校生が並んでいました。
なんと、校舎から校門まで花道を作っていたのです。
その花道の中を、卒業生は祝福されながら校門に向いました。
そして、校門の前で全員で最後の挨拶をして、学校とのお別れをしました。

校門前では卒業生同士、写真を撮ったり、先生と写真を撮ったり。
また、ランドセルにホワイトペンで寄せ書きをしていました。
息子も先生に寄せ書きをしてもらいました。
名残惜しいのか、なかなかその場を離れない子供達。
親も写真を撮ったりして、その場を離れません。

担任と副担任の先生達がその場を離れて、ようやく一人また一人と学校を後にしました。
私達も思い出を噛みしめるように、学校を後にしました。
6年間お世話になった学校。
息子にとっては、本当に楽しい思い出が詰まった小学校だったと思います。
28人の卒業生、みんな卒業おめでとう。

【卒業式】
120321-2.jpg

【皆が去った教室】
120321.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ご卒業おめでとうございます(^^)
嬉しいけど、ちょっと寂しいのが、卒業式ですが、この季節を元気に迎える事が出来る事に、感謝したいものですね。

小学校の6年間に比べると
中学の3年間は、本当に、驚くほど早いですから、これからも、一喜一憂しながら毎日を送られて下さい。
入学式も楽しみですね。
Posted by そら at 2012年03月22日 14:54
そら☆さん、お祝いメッセージありがとうございます。

自分の卒業式以来、初めての卒業式でした(笑)
嬉しくも有り、ちょっぴり寂しくもあり、無事に卒業出来た事に感謝です。
小学校は6年間ですが、中学校はさらに早いでしょうね。
いろいろあると思いますが、子育て先輩の方々のお知恵をお借りしながら頑張ります。
今度は入学式です。何かと忙しい時期ですね(笑)
Posted by island at 2012年03月23日 11:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550527
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック