2012年03月11日

東日本大震災から一年

今日の日を迎えました。
あれから一年になるんですね。
もう一年。まだ一年。
人それぞれの一年であった事と思います。

一年前のあの日、長く続いた目まいのような揺れに、本当に目まいだと思っていました。
まさかあんな大地震が起きていたなんて、とても信じられませんでした。
しばらくは地震だと気付かずにいました。
地震だと知って、すぐにネット情報を見て、東北で巨大地震が発生した事を知りました。
そしてすぐにテレビを点ける。
信じられない光景がテレビの画面を通して飛び込んで来た。

海から押し寄せる波が、まるで生き物のように家や畑、車を飲み込んで行く。
私が想像していた津波とは、全く違う津波。
大きな波が押しよせるのだと思っていましたが、どちらかと言うと海全体がのし上がっている感じ。
初めて見る津波の映像に、しばしぼう然とテレビを観ていたのを覚えています。

最初は被害の状況も解りませんでした。
しかし、時間とともにどんどん深刻な状況がテレビから伝わってくる。
時間とともに「大変な事が起っている」という事を、実感として捉えるようになりました。
その後、テレビ番組は全て震災の内容に切り替わりました。
繰り返し流される悲惨な状況に、多くの日本人が心を傷めたと思います。

この3.11の東日本大震災をきっかけに、生き方が変った。生きる意味を真剣に考えた。という人は多いと思う。
そして「日本人とは?」と問う人も増えたと思う。
これだけの大震災に見舞われながら、何とかやっていけてるのは、日本人の底力があるからだと思います。
震災を教訓として生かし、生きる意味を考えるきっかけとし、何とか頑張って生きる。
それは日本人の、特に東北人の粘り強さにあるのだと思います。

本当に多くの尊い命を失いました。
大切な人を失った人が本当に大勢います。
私達には想像も出来ないほどの、辛く悲しい一年を生きてきたと思います。
被災された方々にとっては、「まだ一年」という気持ちでしょう。

辛いけど前を向いて生きるしかない。
悲しみを受入れ、抱きしめて共に生きる。
そんな気持ちで頑張っていると思います。

あれから一年。
本当に日本は苦しみ、戦い抜いてきました。
そしてこれからも頑張らなくてはいけません。
でも、きっと私達日本人なら出来る。
見事に復興し、以前にも増して豊かな町を作る事が出来ると思います。

東日本大震災から一年を迎え、改めてそんな気持ちになりました。
前を向いて希望をもって歩きましょう。
被災された方々のためにも。
そして犠牲になってしまった方々のためにも。
頑張りましょう。

最後になりましたが、改めて犠牲になられた方々のご冥福を、心よりお祈り致します。
そして、まだ行方不明のままの方が、一日もはやく発見される事を、切に願います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550517
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック