2012年02月22日

時代の変化

昨夜(正確には今朝方)は久しぶりに遅くまで起きていました。
嫁さんの学会発表のスライド作りのためです。
毎年この時期に学会があり、スライド発表をする事が多い。

昔はスライドを作るとなると、それこそひと月くらい前から作り始めていた。
当時はスライドを作るとなると、Powerpointしか無かったので、四苦八苦しながら作ったものです。
どうも私にはPowerPointが使いづらくて、途中からはillustratorで作ったデータを、画像書き出ししてPowerPointに貼り付けるという荒技を使うようになりました。

しかしAppleがKeynoteを出してからは、Keynoteで作るようになりました。
何が良いって、本当に簡単にしかも綺麗に作る事が出来る。
それに価格も安い。
もうKeynoteを使い始めてからは、PowerPointには戻れません。

今回は嫁さんも仕事でドタバタで、スライドの原稿を作る横で、私がその原稿をスライドにしていきました。
時には嫁さん自身でKeynoteで訂正したり。
以前なら考えられなかった事ですね。
本当に直感で作れるので、keynoteは楽です。

スライド発表も昔は「Macはお断り」みたいな時代があったそうです。
スライドを写すパソコンがWindowsのPowerPoinになる。
MacのPowerpointで作ったスライドを再生すると、フォントの違いでレイアウトが崩れる。
またバージョンの違いで再生出来ない。
そんなトラブルが多発したようです。

そのため、Macは受け付けてもらえない時期がありました。
今はノートパソコンが主流になり、自分のパソコンを持ち込んでのスライド発表が多い。
嫁さんもpowerBookを持って行ってスライド発表をしています。
Keynoteで作って、そのままPowerBookでスライド発表がここ数年の定番になっています。
おそらく数年後にはiPadからスライド発表が主流になるでしょうね。

スライド制作一つでもこれだけ大きく変ってきています。
昔では考えられなかった事が、実際に出来るようになってきました。
音楽制作・映像制作・書籍etc。
様々な事が個人レベルで出来るようになってきた時代。
発信する人間にとっては、凄い事が起きている時代です。

10年後に、このつぶやきを振り返ってみると、また面白いでしょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550497
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック