2012年01月23日

有り得ない対応

驚きと言うか呆れると言うか、やっぱりと言うか、いやはや本当に信じられないニュースです。

昨年のあの東日本大震災の後、福島第一原子力発電所が危機的状況に陥り、菅政権は緊急対策本部を立ち上げました。
そのトップは当然菅総理です。
本当に危機的状況にありながら、何故か緊急性の高い情報は、一切国民に知らされる事はありませんでした。

その結果何が起きたのか?
福島第一原発から同心円で避難区域を設定したために、本当は放射線量がさほど高くない地域が緊急避難区域に指定され、放射線が極めて高い地域が、避難待機地区になりました。
住民は皮肉にも安全はずの場所から、危険な場所へと避難してしまった事になります。

当時から放射線物質が飛来する場所を予測する「スピーディー」の存在が叫ばれていましたが、政府は何故かスピーディーの情報を公開せず、同心円での情報にこだわりました。
自分たちの間違いを素直に認め、すぐに正しい情報を公開していれば、不要な被ばくを防げていたと思います。
今となっては後の祭りですが、当時の情報公開を拒んだ責任は、当時の政府にあります。

その責任を避けるためなのか?
本当にビックリしたニュースでした。
当時の緊急会議の議事録が無いと言うのです。
会議の議事録を作成していないと言うのです。

有り得ません。信じられません。
町内会の井戸端会議じゃ無いんですから。
議事録が無いなんて事は、通常の会議では有り得ない事です。
それが国のトップが行う会議ですか?

しかし、私は本当は議事録はあると思います。
いくら菅政権が無能だったと言っても、ここまで非常識では無いと思います。
会議の内容を記録する事は、わざわざ総理大臣から言われてする事ではありません。
企業であれ任意団体の会議であれ、必ず書記が居て記録するものです。
当たり前の事ですので、それをやっていない事の方が不自然です。

考えられるのは、「記録を取るな」という指示があったか、記録を取っても議事録にするなという指示があった可能性です。
議事録そのものを封印した可能性が高いと思います。
それは、そこに自分たちに都合の悪い内容が記されているからでしょう。
国民に向っては「大丈夫です」と言っていた事が、ウソであった事がばれてしまうからではないのか?

菅政権なら十分に有り得る事です。
民主党政権になってからは、ウソでも何でも有りで、マニフェストに書いた約束は果たさずに、書いていない事を実行する。
そんな詐欺政党ですからね、議事録封印くらいの事は、何のためらいも無くやりそうです。

私たちはいつまでこんな政権に国を委ねなくてはならないのでしょう?
「国のため、国民のため」と、口を開けば何度も何度も聞いた言葉が出てきます。
しかし、その言葉には完全に魂が入っていません。
日本では昔から「言霊」と言うように、言葉には魂が宿ります。
魂の宿っていない言葉は単なる音です。

野田政権は消費税の事しか頭に無いようです。
今消費税を上げて、一体何が良くなると言うのでしょう?
やるべき事をやってから、そこから消費税の話をしろと言いたい。
「改革をやるから消費税を上げます」って、順番が逆でしょう。
「これだけ改革をやりました。しかしまだ足りませんので、これだけの負担をお願いします」と言うのが正しい順番です。

まるで子供が「勉強頑張るからゲーム買って」と言ってるのと同じレベルですね。
野田総理は解散も辞さない覚悟らしいので、それなら解散して下さい。
もう民主党政権はコリゴリです。
かといって自民党の谷垣総裁では頼りない。
自民党ももっと頼れる総裁で戦ってほしいです。

私個人としては、安倍元総理にもう一度頑張って頂きたい。
マスコミに潰されてしまった安倍政権ですが、第2次安倍内閣を切望します。
私たちもマスコミの情報だけに頼らず、自分の目で耳で情報を集め、正しい認識で選挙に望みたいものです。

話が選挙の方にそれてしまいました。
この議事録問題は「情けない」で済ませてはいけません。
徹底的に追及して、菅元総理を告訴しても良いくらいの問題です。
本当にこの人は自分の事しか考えていなかった人ですね。
史上最悪の総理大臣はやはり決まりです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550467
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック