2012年01月17日

あれから17年

あれから17年にもなるのですね。
本当に昨日の事のように思い出す、あの阪神淡路大震災。
明け方地響きで目が覚めたと思ったら、ずどんと縦揺れが起き、その後大きく横揺れが続きました。
布団の中で何も出来ず、ひたすら揺れる天井のライトを見ていたのを覚えています。

私の住む所では震度4でしたので、何も被害はありませんでした。
それでもあの地響きと揺れは今でも忘れません。
被害の大きかった神戸や淡路北部等では、比較にならない程の揺れであったと思います。
被災された方、震災で肉親や知人を亡くされた方にとっては、何年経っても昨日の事のように、鮮明に覚えていると思います。

昨年は東日本大震災も起り、改めて防災の意識、そして自然の驚異を目の当たりにしました。
私たちの国、日本は豊かな自然に恵まれている反面、時にその自然が猛威をふるう事になります。
昨年は津波によって海の怖さを痛いほど知らされました。
そして台風によって起きた土砂災害、水害、山の怖さ、川の怖さ、本当に痛いほど知らされました。
しかし、私たちはその自然によって守られ、自然の恩恵を受けて生きているのです。

豊かな自然であれば有るほど、自然災害の力も大きいのでしょう。
私たちは恩恵を受けながら、感謝の念を忘れていたのかも知れません。
17年前の阪神淡路大震災、そして昨年の東日本大震災。
単なる自然災害で終らせるのではなく、そこから私たちが学んでいかなければなりませんね。
震災で犠牲になられた方々のためにも、この大震災を忘れずに、教訓として伝えていかなくてはいけません。

地震大国の日本。
どこで大地震が起きても不思議ではありません。
生かされている事に感謝して、日々を大切に過ごしたいと思います。
そして常日ごろから、災害が起きた時の対処法を、家族で話し合っておく事が大事ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550461
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック