2012年01月11日

我が家の怪獣

最近、次女の身体が急に大きくなった気がする。
今まで届かなかった所に手が届いたり、登れなかった所へ登ったりするようになった。
部屋のドアノブにも手が届くようになり、必至でドアを開けようとドアノブを引っ張る次女。
我が家のドアノブは、下にノブを回して引かなくてはいかないので、まだドアは開けれない。
しかし、ドアを開けるのも時間の問題のようです。

イスの上にも登れるようになったため、今度はイスからテーブルへと登るようになりました。
気がついたら自分でイスからテーブルへ登り、自分のイス(子供用のイス)にいつの間にか座っている次女。
ご飯が待ち切れないのか、しっかり自分のイスに座って待っています(笑)

食欲は一時期に比べると、少し落ち着いた感はありますが、やはり食べっぷりは良い。
ハッキリ言って長女よりも次女の方がよく食べる。
最近は自分でスプーンとフォークで食べる事も多くなった。
時々真似をして箸を持ったりするのですが、これが意外にしっかりと持てていてビックリする事があります。

次女は何でもお姉ちゃんの真似をしたがります。
鉛筆をもって落書きをする時も、お姉ちゃんの真似をするので、しっかりと鉛筆を持っています。
グーで握るのでは無く、ちゃんとした鉛筆の握り方で持つのです。
きっと箸の持ち方も、お姉ちゃんを見て真似たのでしょう。
やはりお姉ちゃんがいると習得が早いのかも知れません。

そのお姉ちゃんもお兄ちゃんの真似をして育ちました。
そして今では英語も剣道も、お兄ちゃんの真似をしています。

お姉ちゃんの真似をしている次女ですが、言葉だけはまだまだ真似出来ないようです。
長女は比較的言葉が早かったのですが、次女は意外と言葉が遅い。
長女が今の次女くらいの時は、片言言葉で会話していた気がしますが、次女はまだまだ片言もありません。
気まぐれ屋さんなので、自分の興味のある事には習得が早いけど、そうでない物は遅いのかも知れませんね。
おしゃべりは興味ないけど、食べる事への執着は強いのでしょう。

まぁ、確かに喋れなくても死なないけど、食べないと生きていけないですからね。
野生の本能がそうさせるのかも知れません(笑)

いろいろありながらも、元気に育っている次女。
出来る事が増えてきて、ますます怪獣化が進みそうです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550455
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック