2012年01月06日

MacProの未来は?

新年早々忙しいです。
昨年末に持ち越した仕事があり、仕事初めから全力失踪で頑張っていますが、厳しい現状です(^^;)
クライアントの方々には、新年早々ご迷惑をおかけして申し訳ない気持ちです。

気持ちと時間にゆとりを持って仕事をしている時はあまり感じませんが、焦っている時ほどMacのスピードが遅い事に苛立つ。
気持ちばかりが前に進み、Macの作業処理スピードがついて来ない。
だんだんと焦りイライラしてくると、イメージが沸かなくなり悪循環へと陥ります。
昔は本当によく怒りながら、キーボードを叩きながら八つ当たりしていたものです(笑)

PowerMacG5のスピードに慣れていたのですが、新しいiMacを購入してからと言うもの、スピードの違いを感じるようになりました。
加えて最近G5の安定感も弱まっています。
やはりそろそろメインマシンも買替えを考えていかないといけません。
サブマシンのiMacを購入したばかりなので、すぐには買えませんが、ここ1〜2年の内に何とかしたいですね。

しかし、少し気になる情報を見つけました。
IT関連の情報サイトで、AppleがMacProシリーズを終了させるのでは?との憶測があるようです。
私が使っているG5の後継機種が今のMacProシリーズになっています。
私のようなグラフィック関連の仕事や、映像・音楽等の仕事をする、プロフェッショナル向けの機種です。
それを終了させる可能性があると言うのです。

Mac全体の売上は伸びている中で、MacProの売上は落ちているらしく、Appleも将来性を感じていないのでは?と言われています。
う〜ん、確かに私自身メインマシンは一度買えば確実に5年は使う。
iMacやMacBookのように一般の人が使う機種からすれば、当然買う人は限られて来ますからね。
さらに、最近ではiMacで仕事をする人も増えているようです。
私も今のiMacで十分仕事は出来ると思います。

そうなると私もメインマシンをMacProにこだわる必要性は無い。
確かにMacProの方が安定しているし、故障率も低い。
でも、金額の差を見ると「iMacで十分」と考えるのが普通なのでしょうね。
映像関係等のかなりパワーを要する業界で無い限り、iMacでも十分に仕事になるのだと思います。

私の仕事のような平面グラフィックであれば、今のiMacでも十分に仕事で使えます。
やはりMacProが終了になる可能性もうなずける。
でも、やはりiMacでは役不足ってのもあると思います。
その当たりをAppleがどう考えているのかが気になりますね。

しかし、今の私は目の前の作業をこなす事で精一杯です(笑)
明日も頑張らねば・・・。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550450
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック