2011年12月23日

78歳のお祝いの日

今日は今上天皇陛下の78回目のお誕生日でした。
皇居では一般参賀が行われ、2万4789人が訪れたようです。
今年は東日本大震災があり、励ましのための被災地への訪問がありました。
そのための疲労が要因となり、先月は入院もされました。
無事退院され、今日の日を迎えられた事は、本当に嬉しい事ですね。
しかし、天皇陛下にとっても、今年のお誕生日は特別な思いだったのではないでしょうか。
常に国民の生活を思う陛下にとって、今年の震災は本当に心を傷めた出来事だったと思います。

あの大震災の後、天皇陛下の存在がどれだけ日本国民を勇気づけたか解りません。
日頃はそんなに強い影響力を見せなくても、いざとなった時に日本国民が心のよりどころにしているのが天皇陛下です。
それは大震災の後の、避難所での被災者の方々の反応を見れば明かです。
天皇皇后両陛下に心を救われた方が、いったいどれだけおられたのでしょう。
本当に有りがたい事だと思います。

しかし、私たち国民はいったい今日の日を、どれだけ意識しているでしょうか?
「天皇誕生日」という事を、どれだけの人が知っているでしょうか?
単なる「祝日」と思っている人が多いのではないでしょうか?
本来なら国民総出でお祝いをしないといけないのだと思います。

そして本来なら「天皇誕生日」ではなく、「天長節」と呼ばなければいけません。
いつの日か、天皇誕生日から天長節に戻る日が来る事を信じています。

天皇陛下もかなりの御高齢になられました。
あまり無理な公務はおやめ頂き、身体を一番に考えてほしいと思います。
そうで無くとも、退院されたばかりです。
お身体を一番にして戴きたいと切に願います。

天皇陛下のお誕生日が終ると、すぐにクリスマス。
そして年末から新年へと移ります。
今年も残り僅かとなりました。
陛下のお誕生日を祝うと同時に、来年も元気なお顔を拝見できる事を願います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550433
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック