2011年12月10日

皆既月食・・・だそうで。

今宵は皆既月食で、素晴らしく最高の条件で見えるとの事。
しかも時間が23時前後と言うから、期待していたのに・・・。
夕方から雨になり、そのままずっぽりと厚い雲に覆われたまま。
皆既月食どころか、どこにお月さまがあるのかさえ解りません。

仕方ないので、テレビの中継で皆既月食の様子を見ました。
東京方面は晴れていたようで、テレビでも綺麗に皆既月食が映っていました。
生で皆既月食を見られた方も多かったのではないでしょうか。
残念ながら関西方面は見れませんでしたが、しばしの天体ショーを楽しめた事と思います。

2年前の夏に「皆既日食」があり、とても話題になりました。
私の故郷の奄美大島でも観測できるとの事で、大勢の人が奄美大島に押し寄せた時でした。
あの酒井法子も来ていたんですよね。
その後、あんな事件が発覚しましたが。

私は奄美には行けなかったのですが、家族や友人から話を聞くと、やはり突然暗くなるので、とても不気味だと言っていました。
皆既月食という事を解っていても不気味なのですから、古代の人々は皆既月食が起きた時は、天変地異だと思ったでしょうね。
古代文明の邪馬台国の女王、卑弥呼が死去する前の年と、さらにその前の年に、連続して皆既月食が起きた事が、科学的にわかっているようです。
そのことから、皆既月食が続いて起きた事で、シャーマンであった卑弥呼の信頼性が失われたのでは?という推測もあるそうです。
それだけ、古代の人々にとっては、皆既月食は恐ろしい出来事であったと思います。

一方の皆既月食はどうだったのでしょうか?
皆既日食程でないとしても、やはり月明かりが消えると、暗くなるのでしょうね。
満月の月明かりって、結構な明るさがあります。
それが月食で消えていくと、やはり不安になるでしょうね。
電気も無い昔であれば、月明かりが消えると、本当に真っ暗になった事でしょう。

現代の私たちはロマンティックな天体ショーとして見ています。
でも、古代の人々にとっては、とてもショッキングな出来事だったのでしょう。
それだけ生活の中で、月と太陽を崇めていたのですね。

私たち現代人は、全ての事が当たり前で、感謝をする事を忘れています。
お日さまが今日も顔を覗かせる事。
闇夜にお月さまが現れて、闇夜を照してくれる事。
本当にありがたい事ですね。

皆既月食は見られませんでしたが、お月さまに感謝して寝るとします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550420
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック