2011年11月21日

春夏秋冬どれも好き

寒くなってきましたね。
もう随分と冬の足音が聞えてきた感じです。
つい先日まで「暑い」って叫んでいた気がしたんですけどね。

私は南の島育ちなので、基本的に夏が大好きです。
でも、秋・冬というのも意外に好きなんですよね。
秋はなんと言っても色づく紅葉。
はらりと落ちる葉っぱを目にすると、何とも言えない哀愁を感じます。

そして寒い冬になると、温もりを求めます。
寒いからこそ、お家の中の暖かさ、家族の温もりが嬉しく感じる。
私が描いている冬のイラストには、そんな寒さの中の温もりを描いたものが多い。
子供の頃から、雪原の中の小さな家で、暖炉で温まる妄想をしていました。
だからイラストもそんな物が多いのだと思います。

南の島で育ちましたから、雪の世界に憧れていたんでしょうね。
寒いからこそ、暖かい温もりがとても嬉しく感じられるような気がしていました。
冬の間、雪の中で暮らす方々にとっては、憧れだけでは済まされない、日常の苦労がある事と思います。
そんな日常を知らないから、妄想の中で冬のイラストを描けるのかも知れません。

奈良に住んでから、春・夏・秋・冬の四季が本当にハッキリとしています。
奄美では5月末から10月いっぱいくらいまでは、夏の気候です。
そしてちょっと涼しくなってきたら、一気に冬になります。
気温は10℃を切る事は少ないですが、海風がきついので、意外と体感温度は低いです。

そして3月に入れば一気に暖かくなり、5月にはすっかり暑くなる。
春と秋が極端に短い。
むしろ春と秋が無いと言っても過言ではないでしょう。

そんな気候の中で育ってきたので、春の花の咲く季節。
桜吹雪の舞う春。
収穫の季節。
木々が色づき哀愁の漂う秋。
この季節もとても好きになりました。

「な〜んだ結局どの季節も好きなんじゃん」って思った方いますよね。
そうなんですね。結局どの季節にもそれぞれの良さ、それぞれの楽しみがあって大好きです。
そう考えると、一年中楽しめるのって、本当に幸せですね。

春になれば美しい桜や花々が咲き誇り、夏には楽しいイベントが盛り沢山。
秋になれば美味しい食べ物に満たされ、冬には暖かい温もりが嬉しい。
いや〜日本って本当にステキですね。
これからは温もりが嬉しい季節。
ほのかな温もりを楽しみながら、来るべき冬を楽しみましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550400
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック