2011年11月08日

ロボットが活躍する日

近未来。
ロボットが活躍する時代がやって来る。
鉄腕アトムやドラえもんなど、アニメではひと足早くロボットが大活躍していますが、現実ではなかなかそこまではいかないもの。
しかし、そんな世界が本当にやってくるかも知れません。

日本のロボットの技術力は、日々進歩しています。
今日もHondaが開発しているロボットASIMOが紹介されていました。
このASIMOは以前からありましたが、さらに改良され、人を感知して除けたり、小走りしたりします。
驚いたのは、自分でボトルのフタをあけ、コップに水を注ぐ事ができる。
その動きの滑らかさは、まるで「中に人が入っているんちゃうの?」って思うくらい自然でした。

一方で、ロボット開発は素晴らしいのですが、実践で使えるところまではなかなか行けていないのが現状です。
今回の、福島第一原発事故のように、人間が近づけない場所でロボットが作業できる日が来て、初めてロボット開発が成功したと言えるでしょう。
現段階ではまだまだ人間の補助程度です。
人間の代わりとなり、遠隔操作で作業を行えるようになるまで、あともう少しといったところでしょう。
今回の滑らかな走り方や、手の動きを見ていると、本当にもう少しのような気がします。

鉄腕アトムやドラえもんのように、自らが判断して動くロボットはなかなか出来ないと思います。
また、そこまでロボットに求めるのもどうかと思います。
ロボットはあくまでもロボットであり、ロボットに心を持たせる必要はありませんよね。
鉄腕アトムやドラえもんのように、フレンドリーな心のロボットなら良いけど、ロボットが悪巧みしたら・・・なんてSF映画のような事を想像してしまいます(笑)

人間が近づけないような危険な現場、医療や介護の現場など、ロボットの活躍が期待されている分野が多々あります。
今回のASIMOの技術力は、近未来にロボットが活躍する事を予感させてくれました。
実用化目指して頑張ってほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550387
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック