2011年10月16日

敗れたけれど

今日は息子の剣道の試合で1日出かけていました。
いつもなら息子と二人ですが、長女も剣道を始めたので、長女も連れて行きました。
今日の試合は奈良県だけでなく、兵庫・大阪・和歌山・京都・滋賀から沢山の道場が参加する大会です。
奈良県内であれば、おおよそ道場の強さが分かりますが、他県はサッパリ分かりません。
どこと当たっても「当たって砕けろ」で行くしかありません。

ところが対戦相手を見てどうも見覚えのある道場名。
何と昨年対戦した相手でした。
別の大会だったと思いますが、確実に対戦した事のある道場名でした。
昨年対戦した時に、「本当に小学生か?大人ちゃうの?」って思うぐらい、物凄く背の高くて強い道場でした。
あまりの見事な負けっぷりが強烈に印象に残っていたので、すぐに分かりました。

しかし、昨年は昨年。
あの背の高さからして、おそらく6年生が中心のチームだったと思います。
今年はメンバーチェンジしているだろう・・・と、淡い期待を持って試合に臨みました(笑)
その期待は現実のものとなりました。
並んだ相手チームを見ると、至って普通の背の高さでした。

そして試合開始。
我がチームの先鋒は最も安定した実力の、先生の娘さんです。
さすがに安定した戦いで、なんと2本勝ちを決めてくれました。
「これに続け!!」とビデオを撮りながら無言のエールを送りました。
しかし、続く次鋒が2本負け。息子が中堅で出るも1本負け。
続いて副将・大将も2本負けで、1-4で敗れてしまいました。

昨年ほどの大差は無かったものの、結果的には負けてしまいました。
しかし、技術的には大差はありません。
あと一歩、いやあと半歩及ばず、という気がしました。
あとは精神面でしょうね。
「なんとしてでも勝ちたい」という気持ちが足りなかったのでしょう。

1回戦で敗れてしまったので、お昼ご飯を食べ終ったら、しばらく試合を観戦していました。
ところが長女はもう退屈モード全開。
いくら剣道を始めたと言っても、まだ5歳の子ですからね。
試合を観るだけでは暇を持て余します。
それでも途中まで試合を観て帰りました。

今日の試合を次からの稽古に活かし、今後の試合に結びつけてほしいところです。
来週もまた試合があります。
今度は我が道場が主催する大会です。
言わばホームで試合をする事になります。
さらに頑張ってほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550364
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック