2011年10月07日

やはり偉大だった

昨日のスティーブ・ジョブス氏死去のニュース。
未だに信じられない気持ちですが、テレビでもかなりのニュースになっていました。
普通に考えれば、会社の元最高責任者が病死したというニュースです。
しかし、スティーブ・ジョブスは単なる会社の最高責任者という枠組みでは無かった。
世界を大きく変えてきたカリスマ性が、これだけのニュースになっているのだろうと思います。

二日続けてのスティーブ・ジョブスについてのつぶやきになります。
それだけ私にとって、いや世界にとって、彼の成し遂げた功績は大きいのです。
それはオバマ大統領やビル・ゲイツ氏を始め、多くの著名人や企業家がコメントを出しているのを見れば明かです。
そして本当にAppleユーザーに愛されていた人でした。
米Apple本社だけに留まらず、各地のAppleストアには、花やキャンドルを捧げる人が後を絶ちませんでした。
日本でも銀座や心斎橋のAppleストアで同様の事が起きました。

ストアのウインドウには、沢山のメッセージが貼られ、世界中が彼の死を惜しみ悲しいでいる事が伝わってきます。
いち会社の最高責任者の訃報に、これだけの人が祈りをささげ、悲しみにくれた事があるでしょうか?
スティーブ・ジョブスは、企業家と言うよりは、素晴らしい物を創り出すアーティストに近かったのだと思います。
だからこそ、Appleユーザーは「Appleファン」と呼ばれました。
私もそんな一人であった事は疑う余地もありません。

私は近くにAppleストアも無いので、献花やキャンドルは捧げられませんが、Appleのサイトからメッセージを送りました。
そして私なりの祈りをささげる意味合いで、デスクトップをAppleサイトと同じスティーブ・ジョブスの追悼写真にしました。
こうしてスティーブ・ジョブスの顔をマジマジと見ていると、何となくジョン・レノンとダブるところがあります。
ファンに惜しまれながらこの世を去ったからでしょうか?

スティーブ・ジョブスの物作りに込めた精神を、Appleスタッフがしっかりと引き継いでくれる事を願います。
世の中を劇的に変えたスティーブ・ジョブス。
それは私の人生も大きく変えたと言っても過言ではありません。
私はMacに出会っていなかったら、全く違う仕事をし、違う人生を歩んでいたでしょう。
どちらが良かったかは解りません。
しかし、私はMacを使ってこれた事に、本当に感謝していますし、これからも使い続けます。

スティーブ・ジョブスが生み出したMacを使い、私なりの表現を続けていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550355
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック