2011年10月01日

なんでご猿はどこへ?

水曜日に小学校のメール連絡で「猿出没」が届いてから、その後は何も連絡が無い。
「捕獲されたのかな?」と思っていたのですが、どうやらその後目撃が無いらしい。
今日の剣道の稽古の時に、同じ校区の保護者が来ていたので、その話で盛り上がった。
すると同日同時刻に、別の校区でも猿の目撃情報があるとの事。
そしてその話を聞いていた、また別の校区の保護者が「うちの校区でもありましたよ」と話に入ってきた。

いったいどうなっているのだ?
私はてっきりペットの猿が逃げ出して、一匹だけ学校の近くをうろついていると思っていたのですが、どうも違うようです。
猿の種類はやはりニホンザルっぽくて、そこそこの大きさがあるとのこと。
となると、やはり野生のニホンザルが出没しているのか?

ここらへんの山にニホンザルが生息しているなんて、聞いた事が無い。
ところが山の近くの保護者の方は、「よく畑の食物を食べられたりしているらしいですよ」と言っていました。
どうやらこの辺の山にも、猿が生息しているようです。

話の中で「先日の大雨で山から出てきたのかな?」と言う人もいたり、みんななんでアチコチで猿の目撃情報があるのか、疑問に感じているようです。
一個所に数匹がいるのなら、野生の猿が団体行動をしていると考えられます。
ところが、アチコチで一匹の猿の目迎情報となると、一匹がうろついているのか?
それにしては、あまりにも行動範囲が広過ぎる。
たまたま野生の猿が、数匹アチコチで目撃されているのか?

謎は深まるばかりです。
いずれにしても、猿は捕獲されていないようですし、野生の猿の可能性が高くなりました。
本当にこの辺の山にも、野生の猿が生息しているのなら、今後も出没する可能性があります。
ある日突然、目の前に猿が出てくる事も有り得るわけです。
見てみたい気もするけど、早く山に帰ってほしい気もする。

今後の情報に注視したいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
その猿、夏にこちらに居た奴かも!

町が捕獲に動かなかったのは、県が許可をださなかったらしいです。
結構凶暴だったので気を付けてくださないね

・目を合わせない!
・走らない!
・食べ物を与えない!(もし来たら、逃げる反対方向に投げる)
Posted by ぐんず at 2011年10月02日 08:24
ぐんずさんの地域にも猿が出没してたの?
もしその猿だとしたら、かなり広範囲に動いているってことだよね?
しかし騒ぎにならないのは何故だろう?
県が捕獲許可を出さないってのも疑問です。
Posted by island at 2011年10月03日 15:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550349
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック