2011年09月26日

再び豪雨

昨夜、我が家に来ている奄美の姉の携帯が鳴った。
電話は奄美に居る娘からだった。
電話に出て話していた姉は、ビックリしたような声に変わった。
何事かと思って、電話が終って話を聞くと、奄美で大雨が降っていると言うのです。
昨年と全く同じ。
あの大雨が再び奄美を襲ったようなのです。

急いでテレビ等のニュースを観るも、全く報道は無い。
大雨は降っているが、まだ被害などが出ていないので、報道はされていないのだと思いました。
今朝になっても、テレビでは報道は無し。
母と姉は、島にいる人に電話で聞いて、状況を把握していたようです。
大雨で避難勧告が出た人もいたようで、やはりかなりの大雨だったようです。

夕方になって、少しずつ報道されるようになりました。
やはりがけ崩れ等の被害が出ている。
そしてがけ崩れで一人亡くなっているようです。

今回の雨は北部を中心に局地的に、それも断続的に降ったようです。
実家近くの人も避難したようですが、実家の団地は、少し地面が高いので、おそらく大丈夫だと思います。
ちょうど母と姉がこちらに来ている時で、良かったと思っています。
もし、母が一人でいる時に大雨で避難勧告が出ても、一人では対応出来なかったでしょう。

夏に奄美に帰省した時に、至るところで昨年の豪雨被害によるがけ崩れ工事を見ました。
ようやく工事が完了したと思った矢先に、また今回の豪雨です。
丁度1年。(正確には11ヶ月弱)
昨年の10月20日に豪雨に見舞われた奄美。
また同様の豪雨になり、きっと島の人々も「またか」と恐怖した事でしょう。

今年は本当に災害の年です。
日本中で様々な災害が起きています。
いつ大地震が来てもおかしくないし、また台風が来てもおかしくない。
私たち人間は、生きている地球に住まわせてもらっている事を、忘れずに暮らさないといけませんね。
いつ何時、災害が起きてもおかしくない。
そう思って毎日を感謝して暮らしましょう。

奄美はまだ大雨の危険性があるようです。
親戚や知人・友人、みんなくれぐれも注意してほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550344
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック