2011年09月03日

ノロノロ台風

今日は台風の影響で、雨の一日でした。
いろんな所で被害が出ているようですね。
被災された方、亡くなった方もおられるようで、心よりお悔やみ申し上げます。

今回の台風の特徴は、何といってもスピードの遅さにあると思います。
通常、日本本土に近づく台風は、時速20〜30キロで、上陸したら半日から1日で列島を駆け抜けていきます。
しかし、今回の台風は速度が非常に遅い。
そのため、長時間に渡って雨が降り続く事になります。

時速が「ゆっくり」という表記を久々に見ました。
それこそ奄美に居た頃は、「ゆっくり」という表記を何度も見ましたが、こちらに来てからは、初めて見たかも知れません。
本当にゆっくりと進む台風です。

奈良県でも南部の方は大雨で大変なようですが、奈良盆地は至って静かでした。
時折、強い風が吹いたりするものの、暴風域に入っているとは思えない静けさです。
一応「大雨洪水警報」は出ていますが、普通の雨とさほど変り有りません。
日本のはじまり「大和の地」は、やはり災害が少ない事を見込んで、大和王朝が誕生したのでしょうか。

毎回台風が来る度に、台風の怖さを知っている私は身構えます。
ところが、毎回肩透かしを食らったように、台風は何事も無く通り過ぎます。
奈良県民にしてみたら、台風の怖さなんて体感する事がないのかも知れません。
そこに油断が生じるのでしょうね。
本当に強い台風が来た時に、対応ができなくなる。

今から12年前でしょうか。
忘れもしない、台風7号が直撃したのは。
私の結婚式の前日に、猛烈な台風がやって来ました。
これまでの台風とは違い、猛烈な風で奈良盆地を掻き回して行きました。

家は揺れ、様々な物が飛ばされ、いろんな所に被害が出ました。
当時働いていた印刷会社の人からも、いろんな被害があった事、そして本当に怖かった事を聞きました。
私にすれば「これこそが台風」なんですが、奈良県民にとってはその認識が無いのでしょう。
あの台風7号程の台風は、まだ来ていません。

それでも毎回、台風が来る度に、私は身構えます。
台風の怖さを知っているから、それなりの対応をして備えをします。
肩透かしを食らっても、それはそれで「何事も無く感謝する」だけです。

今回の台風は、こちらでは特に被害をもたらしていません。
何事も無く通過しそうです。
ノロノロ台風は、上陸すれば一気に勢力が弱まるでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550321
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック