2011年08月29日

まだマシな選択か!?

民主党の新しい代表が決まりましたね。
5人の候補者の中では、まだマシな野田氏になった事は、民主党政権の不幸中の幸いかも知れません。
しかし民主党政権である事に変りは無く、野田氏がどこまで持論を展開出来るのかが、今後のカギになるでしょう。
史上最悪と言われた菅政権からすれば、まだマシである事だけが今のところ救いです。

それにしても今回の民主党代表選挙は、本当に国民不在の「自分たちのための選挙」でしたね。
全く盛り上がらない選挙でしたが、マスコミが必死に盛り上げようとするところに、逆に民主党の虚しさを感じます。
5人の候補者を見ても、誰一人として期待が持てない。
そもそも政権担当能力の無い民主党が、このまま政権を担う事自体が間違いだと思います。
ここは民主党代表選挙では無くて、衆議院解散総選挙をやる事が、国民が最も望んでいる事かも知れません。

今回の代表選挙では、またまた「反小沢・親小沢」という動きが活発化しました。
何か事あるごとに「ここがチャンス」とばかりに、小沢一郎が仕掛けてきます。
今回は直前になって海江田氏の支援を打ち出した小沢一郎。
海江田氏が総理になれば、人事を思うように行い、自分の権力で裏の総理になれるつもりだったのでしょう。
しかし、そんな事は政治家で無い一般人でも予測がつきます。
小沢一郎のもくろみは見事に失敗に終りました。

前回の菅総理への内閣不信任案での失敗。
昨年の代表戦での敗退。
今回はラストチャンスと本人も思っていた事でしょう。
しかし、結果は見事に失敗でした。

もう小沢一郎や鳩山由紀夫の時代は終ったと言って良いでしょう。
民主党の中では急速に影響力を落としていると言えます。
以前は小沢・鳩山・菅の力が強かった民主党。
もうこの三人の影響力は地に落ちたに等しい。
そうなったのは全て本人達の努力の結果ですけどね。

小沢一郎に残された最後の抵抗は、民主党を割って出て新党を立上げる事でしょう。
以前のような力も金も無い小沢一郎ですが、それでもまだ付いてくる人間はいます。
2年前の衆議院総選挙で、小沢一郎に勝たせてもらった議員は、小沢一郎について行くしかありません。
もし小沢一郎が新党を立ち上げ、そこに何十人かついていけば、民主党は一気に沈みます。
それが解っているから、野田氏も小沢一郎のご機嫌を伺いながら人事を行い、政権運営を行う事になります。
そんな事も恐れず、民主党解体になってでも、国のために自らの政治生命を投げ出してくれるなら良いですが、まぁあまり期待はしない方が良いですね。

民主党政権が続く限り、日本の低迷は続くと思います。
ただ、最悪だった菅政権が終る事だけは、暗闇の中の一筋の光かも知れません。
日本の夜明けは近い。ただ夜明け前の闇は一番暗い。
まだまだ混迷の続く政界ですが、希望を失わずに見守っていきましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550313
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック