2011年08月27日

惜しいが惨敗

まだまだ疲れが取れないまま、今日は早起きして息子の剣道に試合に行きました。
先日、合宿で行った川上村での試合です。
息子はずっと稽古を休んでいたので、いきなりの試合です。

今日の試合は、奈良県外からも多く参加のある試合です。
対戦相手はどこになるのか、相手の強さも全く解りません。
本日は個人戦のみですが、幼少の部から一般まで、多くの選手が参加します。
私たちのチームも、小学1・2年生の部から一般の部まで、12名参加で望みました。

結果はほぼ惨敗でした。
小学生全員、一般の部、共に一回戦敗退。
中学生の部で、一人が3回戦敗退が最高成績でした。

どの試合を観ていても、惜しい試合ばかりです。
息子の試合も、内容はほぼ互角でした。
一瞬の隙を突かれて面を決められてしまいました。
その後、何とか頑張ったのですが、時間切れで1本負けしてしまいました。

しかし、小学生の部で全員1回戦敗退と言うのは、ちょっと珍しい事です。
先生も「全員一回戦敗退は凹むな〜」と苦笑いしていました。
子供達も精一杯戦ったのですが、あと一歩が及ばずでした。
今日の試合をよく振り返って、明日からの稽古に活かしてほしいですね。

息子は特にお休みしていた間、竹刀を振っていません。
代わりに釣りざおばかり振っていましたので、明日からの稽古で感覚を取り戻してほしいと思います。
そして次の試合に向けて、今回の敗戦をしっかり学んでほしいです。

疲れがどっと出てきた所に、一日いっぱいの試合で、またまた疲れが・・・(笑)
明日は少し身体を休めたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550311
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック