2011年08月15日

66回目の敗戦の日

今日で66回目の終戦記念日を迎えました。
しかし、最近この「終戦記念日」って言葉が引っ掛かる。
いつも拝見している「青山繁治氏」が言う言葉「終戦記念日」ではなく「敗戦の日」。
言われてみればそうなんですよね。
何で戦争に負けた日が記念日なんだ?
戦勝国のアメリカから見たら終戦記念日かも知れない。
でも、日本は負けたんです。
それも原爆を二つも落とされて、無残な負け方をしたんです。
それなのに記念日って・・・。

この言葉ひとつを取っても、日本は未だに戦後から抜け切れていないのですね。
そしてこの「終戦記念日」という言葉に何の違和感も感じない事が、未だに戦後から立ち直っていない証しだと思います。
私も青山氏の言葉を聞くまで、全く何も感じずに「終戦記念日」を受入れてきました。
アメリカ側から見た記念日を、そのまま日本国民でありながら受入れていました。
違和感を感じなかったのは、「日本は戦争をした悪い国」という前提があったからだと思います。
「日本は負けて良かった」「戦争に負けたから今の平和がある」という気持ちが、「終戦記念日」をすんなりと受入れて来たのだと思います。

66年前の辛い戦争を「あの戦争は何だったのか?」と振り返る番組をよく目にします。
この時期は特にそんな内容の番組が多くなる。
しかし、どの番組も戦争の悲惨さを伝えるばかりで、戦争の目的を伝えない。
戦争の悲惨さを訴えるのは大事だと思います。
では、その戦争は一体何の目的で行われたのか?
そこを伝える番組は皆無と言って良いでしょう。

戦争は個人に置き換えるとケンカです。
お互いの意見がぶつかり、お互いの欲がぶつかり、議論だけでは解決せず腕力での解決を試みます。
日本は突然に腕力を振るってケンカをした分けではありません。
ケンカをするにもその理由が必ずあるハズです。
個人同士のケンカにも必ず原因があるのですから、国同士のケンカである戦争に理由が無いハズはありません。
ところがその理由を全く伝えない。

戦争の悲惨さばかりを訴えるばかりに次のような発想に繋がる。
1)戦争は悲惨で悲しい事ばかり。
2)戦争は良くない事。
3)戦争をする事は良くない。
4)戦争をした日本は良くない。
5)日本は戦争をした悪い国。

戦争は良い事ではない。そんな事は誰だって解っている。
ケンカだって誰だって良くないと思っています。
なるべく争い事の無いようにと思っています。
それでも時にはお互いに引かずにケンカになるものです。
その理由が何だったのか?どうして戦争になったのか?
そこをしっかりと伝える事が大切です。

私たちは、平和を維持し新たな戦争を避けるためにも、あの戦争を振り返り学ぶ必要があります。
「日本は戦争をした悪い国」だけで終っては、何も学ばないどころか、同じ過ちを犯してしまいます。
日本が何のために戦ったのか?
66年前に立ち戻って学ぶ事が大切です。
日本を護るために散った多くの英霊の方々のためにも。
戦争の犠牲になった罪なき国民のためにも。
そして世界平和のためにも。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550299
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック