2011年07月18日

祝なでしこJAPAN世界一

日本中が歓喜の渦ですね。
なでしこJAPANのワールドカップ優勝という、とてつもない偉業に日本中が喜びに溢れています。
決勝まで来たけど、まさか勝てるとは・・・・というのが私の正直な気持ちです。
何せ対戦相手のアメリカは、これまでも2回優勝経験があり、日本には一度も負けていないのです。

しかし、やはりなでしこJAPANの勢いが勝ちましたね。
私はリアルタイムでは観れなかったのですが、リアルタイムで観た人は興奮しっぱなしだったでしょうね。
先制され、「やはりダメか?」と不安になる気持ちを、澤選手のゴールが吹き飛ばしてくれたのでしょう。
本当に凄いゴールでした。

そして同点の末、延長戦でも決着がつかず、最終PKへ。
ここで日本の神業的なゴールキーパーの守りと、見事なゴールキックで優勝を勝ち取りました。
PK戦になると、技術力やパワーよりも、どちらかと言うと精神力の方が重要になってきます。
今回のPK戦、日本は本当に楽しむようなリラックスした状態で臨んだのではないでしょうか。
逆にアメリカは「負けられない」というプレッシャーがあったと思います。

今回のPK戦を観ていて、先の男子アジア大会の韓国戦を思い出しました。
守るキーパーの集中力。
蹴るキッカーの落ち着き。
日本チームはここぞという時に、精神力の強さが現れてきています。
だから、男子も女子もここまで強くなってきたのだと思います。

しかし、男子に比べ女子サッカーという存在は、あまりにもマイナーな存在でした。
聞くところによると、女子サッカーの選手は、殆どがサッカーだけでは食べて行けないため、アルバイトや本職を持ちながらサッカーをしているらしい。
今回の日本代表選手にも、そんな選手が大勢いるらしく、まさに苦労人のチームだったのです。
だからこそ、勝利に対してどん欲になれたのかも知れません。

今後、女子サッカーの発展のためにも、もう少し待遇を良くしてほしいですね。
次回からはチャンピオンとして、強豪チームからの挑戦を受けなくてはいけません。
追う立場から追われる立場に変わります。
これからが大変ですからね。

しかし、今は優勝の喜びを味わいましょう。
選手達にも「ありがとう」の言葉と、「お疲れ様」の言葉をかけてあげたいです。
私たちも勇気をもらいました。
日本全体として、いつまでも落ち込んではいられませんから、なでしこJAPANを見習って頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550272
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック