2011年07月08日

政治も梅雨明けしてほしい

ついに梅雨明けです。
例年より早い梅雨明けですが、梅雨入りが異常に早かったので、いつもよりは長い梅雨の期間だった気がします。
あと1日早ければ、七夕に間に合ったのに・・・と、少し残念な気もしています。
しかし、夏大好きな私にとっては、梅雨明けは嬉しいニュースです。

スカッと晴れた空に、モコッと入道雲が顔を出すと、一気に夏の始まりを感じます。
このスッキリとした空の青と、ハッキリとした入道雲の白。
この爽やかさが私は大好きです。

しかし、相変わらず政治はハッキリもスッキリもしませんね。
もう完全に内閣崩壊しているじゃないですか。
学級崩壊よりも酷い状態です。
普通の国ならとっくに暴動が起きて、クーデターが起きていてもおかしくありません。

マスコミも本当に民主党政権には超あま〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い対応ですね。
自民党政権時には、言葉一つ間違えても大騒ぎしていたのに。
自民党が良いとか民主党が良いとか、そんな話ではなく、批判するなら同等にやらなくてはいけません。
全くフェアじゃないと思います。

これまでもそうでしたが、マスコミって自分たちが報道したくない事がある時に、何か一つの報道を騒ぎ立てている傾向が強いです。
酒井法子然り、海老蔵然り、そんなに騒ぎ立てる事で無くても、しつこく報道を繰り返します。
まるで何かから目をそらすように。

今、マスコミが必死で報道しているのが、九電の「やらせメール」。
確かにアンフェアなやり方ですが、そこまで大騒ぎする事でしょうか?
どこの企業だって、自社製品が出たらその宣伝をお願いするものです。
原発は安全だって思いは、現場の人間からすれば当然あるでしょうから、その気持ちを反映したい気持ちも解ります。
ただ、やり方がまずいですね。

東電と同じで、マスコミにしてみれば今叩きやすい相手であるから、好き放題叩く。
もっと大問題の事があるのに、そっちは見て見ぬふりで、弱い立場の者を好き放題叩く。
本当に日本のマスコミって腐っていますね。
それに躍らされてしまう世論も情けないですけど。

なかなか辞めない菅総理ですが、とんでもない大問題を抱えています。
以前外国人から献金を受けていた事が発覚して、窮地に追い込まれました。
今度は逆に献金していた問題が浮上しています。
献金その物には何の違法性もありません。
しかし、献金した相手が普通なら?と思う。

北朝鮮による日本人拉致事件の実行犯とされる人物。
その長男のいる政治団体に多額の献金をしている事が判明しています。
この長男は北朝鮮で教育を受けてきた人物らしく、日本人ではあるが思想は明らかに違う。
そんな人物に対して献金を行ってきた人が、今総理大臣をやっているのです。

震災&原発事故ですっかり陰を潜めてしまった「拉致問題」ですが、私たち日本国民は忘れているわけではありません。
日本が抱える大問題のひとつです。
しかし、民主党政権になってからは、全く問題解決の糸口が見えない。
むしろ北朝鮮の誘惑に載せられて、安易な解決方法で済ませようと試みた感さえあります。

献金を行っていたのは、菅総理だけでなく、鳩山前総理も行っていたようです。
前総理大臣と現総理大臣自身が、こんな人物に献金をしているのですから、拉致問題が解決なんてするわけがありません。
もし解決したとしても、それは日本にとっては本当に意味の無い解決方法だったでしょう。
全くもって信じられない事ですが、こんな人達が総理大臣になって、今の日本を動かしているのです。
これで日本が良くなる訳がありません。

本来ならマスコミが大騒ぎしなければならない、大問題だと言うのに、マスコミは「九電が九電が・・・やらせメール」と、弱い者を叩いて自分たちはヒーロー気取りです。
菅総理もマスコミも似た者同士なんですよね。
世論が「反原発」と言い出したら、急に「反原発」を声高らかに言い、自分たちよりも立場の弱い相手を悪者にして叩く。
本当に菅総理もマスコミも卑怯者です。

梅雨明けして暑い暑い夏が始まります。
電力不足は国民の節電意識だけでは載り切れません。
目の前の問題を見て見ぬふりをして、未来を語ったって誰もついて来ませんよ。
梅雨明けしたので、政治もスッキリとしてほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550262
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック