2011年06月26日

もう少し、あと一歩。

先週に引き続き、今日も剣道の試合でした。
本日は個人戦のみで、小学生は家の息子と同級生の二人だけ。
後は中学生が三人の参加でした。

今回は試合が終った後に、そのまま買い物に行く予定でしたので、久々に家族で見に行きました。
昼からの試合でしたので、お昼前に会場に到着。
夏日の暑さと会場の熱気で、武道館はほぼサウナ状態。
ずっと扇子で扇いでいましたが、娘達はすぐに汗だくになっていました。

肝心の息子の試合ですが、初戦の相手はあまり当たった事の無い道場の名前でした。
私はいつも通りビデオを持ってスタンバイ。
嫁さんは久々に息子の試合を観ます。

開始早々、いきなり面を決められて1本取られてしまいました。
その後は互角に渡り合うも、修了間近に再び1本取られて敗れてしまいました。
そんなに力の差がある訳では無いと思うのですが、その僅かな差が大きいのでしょうね。
あと一歩で勝利が届きそうな所にあって、なかなかそれが掴めない試合が続いています。

息子の対戦相手は、その後も勝ち進んでベスト8に入りました。
その相手と戦い、敗れたもののほぼ互角に戦えたという事は、力の差はそんなに無いと言えます。
後はやはり精神力でしょうね。
「絶対に勝つ」「何としてでも勝つ」という、気迫が息子には足りません。
本人は必死で戦っているようなのですが、それが伝わって来ません。

そのことは先生にも言われていました。
「スマートに勝とうと思うな」と言われていました。
勝つと言う事はそんなカッコいいものじゃ無い。
必死で無我夢中で勝ち取るものだと言う事でしょうね。
息子にはその無我夢中がまだ感じられない。

来週もまた試合があります。
来週は団体戦のみですが、今日の試合の反省点を踏まえて、また頑張ってほしいです。
全体的な力は上がってきていると思います。
後は「勝てる」「勝つんだ」という、強い気持ちと団結力が必要でしょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550250
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック