2011年06月17日

ガッツリ描きました

ひとつの仕事の目処がつきました。
絵本のイラストを描くお仕事です。

自身の絵本「クジラのゆめ」を文芸社さんから出版するに当たり、文芸社さんに私の仕事内容を紹介していました。
早い話が自分の絵本を出版する時に、営業をしていたのです(笑)
絵本等の出版物のイラストを描くのですが、あまり期待はしていませんでした。
駄目元でもお願いしてみようと、昨年の10月に打ち合わせに会社訪問した際にお願いしていました。

ところが、直後に仕事の相談が入りました。
私の絵本の担当者の方のお仕事でした。
ちょうど私の絵本の出版時期と重なっているお仕事でしたが、私の絵本はほぼでき上がっていたので、受注しました。
著者さんのイラストに対する希望が、とてもシビアで担当者の方が悩んだ揚げ句、私に白羽の矢を放ったようです。

最初は「私のイラストで納得してもらえるのか?」という不安がありましたが、概ね納得して頂いたようで、順調にお仕事出来ました。
その本は以前紹介させてもらいましたが、今回のお仕事はまた別の絵本です。
今回は担当者が別の方ですが、前回のお仕事での担当者の方が私を紹介してくれたようです。

今回は24ページ程の絵本のイラストで、いろんな場面があり描きごたえがありました。
前回と違うのは、著者さん自らが私のイラストを気に入って頂いて、私にイラストのお仕事が入った事です。
「気に入っている」と言われれば、余計に「頑張らなければ」と気合いが入ります。
原稿の文章を読みながら、頭の中でシーンを想像して、各場面のイラストを描いていきました。

今回は前回以上に順調にお仕事ができました。
他の仕事と重なっているので、ずっとかかりっきりと言うわけには行きませんでしたが、何とか期限中に納品出来そうです。
担当者の方と何度もメールや電話でやりとりをしましたが、著者さんが大変気に入って喜んで頂いているようです。
ピーク時には6つ程仕事が重なって同時進行していましたので、時間的に厳しい時もありました。
しかし、本当に楽しんで仕事ができました。

来週頭にはデータ納品となり、9月には本として出版されます。
自分の絵本が出版されるのも、本当に嬉しいのですが、自分の描いたイラストが世に出るのもまた嬉しいものです。
出版の時期になりましたら、またここで紹介させて頂きたいと思います。

まだ他の仕事が残っているので、まだまだ気を抜けませんが、ひとつの大きな目処がついてホッとしています。
達成感がある仕事でした。
これからも、もっともっと沢山のイラストを描いていきたいですね。
仕事としても、作品としても。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550241
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック