2011年06月09日

時代に取り残されて行く(笑)

先日、Appleがクラウドを開始すると発表しました。
その名もiCloudだそうです。
クラウドって今ひとつピンと来ないのですが、ようするに今まで各自のパソコンに入れていたデータを、共通のサーバデータに入れて、パソコンは端末となる・・・という発想なのでしょうか。
iPodやiPhone、そしてiPadで突き進んでいるAppleとしては、クラウドを開始しない方がおかしいと言えます。

ビジネス分野でもクラウドは注目されていて、どんどん参入が増えています。
会社としては、値段の高いパソコンを各自に持たせるよりは、アプリ等の基本データはクラウドで管理して、各自にはiPadのような端末を持たせる方が、コスト的にも管理的にも魅力的ですよね。

しかし、私は若干の不安もあります。
だってデータを自分の知らない所で管理するようなものですからね。
何かあってデータが消えた・・・なんて事が起きたらどうなるのでしょう?
例えばクラウドのサーバが、遠く離れた場所で管理されていて、そこが震災で壊滅的な被害を受けたら・・・。
全く繋がらなくなり、データも紛失されてしまう可能性も否定できません。

データって自分のパソコンで管理しているから、安心できるのですが、手元に無いと言うのはやはり不安な気がします。
実際にはバックアップ等で手元にも残せるのでしょうが、それでもやはり不安ですよね。
例えばこのつぶやきも、私のつぶやきとして毎日書いていますが、このサーバーはSeesaaが管理しています。
もし、何かのトラブルでSeesaaのサーバがぶっ飛んだら、このつぶやきは一瞬にして消えます。
私は毎日毎日つぶやいているので、自分の管理下のような気がしていますが、実際は管理は遠隔操作です。

これはサイトでも同じ事が言えます。
自分のホームページを持っていても、それは自分の手元にある訳ではありません。
レンタルサーバを使って、そこのサーバ内にデータをアップしています。
ただし、この場合は自分のパソコンにデータが入っていて、それをアップしているので、元データは手元で管理できます。
ブログは完全に手元に無いので、何かあったらお手上げですね。

クラウドが実際どんな形式なのか、私も使っていないので解りませんが、手元で管理出来ないという不安はやはりありますね。
そしてもうひとつ不安なのが、情報の管理です。
企業にとっての機密情報や、個人情報等のセキュリティーは本当に大丈夫なのでしょうか?
必ずサーバを管理する人がいて、その人はサーバにアクセスできる環境にあるのではないでしょうか?
そんな不安がちょっとあるのです。
私もサーバ関係に関しては詳しくないので、単なる私の無知から来る不安なのかも知れませんが。

そうは言っても便利で仕事でも使えるようであれば、私も使うかも知れません。
でも、きっとまた、OSが古くて対応していない可能性が高いですね。
そして新しいOSを入れるにも、今度はハードが古くて対応出来ない。
う〜ん、やはりPowerMacG5では限界が来ているなぁ〜。

どんどん時代から取り残されている気がしますが、逆に付いて行っている人の方が少ないような気も・・・。
あぁ〜iPadや最新のMacを使って、新しい技術をじゃんじゃん使ってみたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550233
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック