2011年06月02日

己を知らない人達

内閣不信任案が否決されました。
否決の可能性の方が高いと思っていましたが、ここまでの大差で否決とは予想していませんでした。
前日まで賛成を訴えていた議員が、今日になって突然「反対」に回るという、何ともおかしな現象でしたね。
それもこれも、菅総理が自らの退陣を表明した事が要因であると言われています。

しかしまぁ〜本当に茶番ですね。
何ですか民主党って?
「自民党時代は酷かった」という人がいますが、私は自民党時代も確かに酷い政治がありましたが、こんな酷い政治は自民党の比じゃないと思います。
本当は菅総理に退陣してもらいたいけど、賛成票を投じて処分を受けるのが怖い。
そこへ菅総理が自ら退路を明らかにした事を評価するとして、反対票を投じると決めた。
あなた方には信念というのは無いのですか?
今まで菅内閣の対応に不満があるから、退陣を求めていたのでは無いのですか?
それならすぐに退陣してもらう方が日本のためです。

昨夜の菅・鳩山会談で、鳩山前総理が菅総理に退陣を求め、それに応える形で、菅総理が退路を表明した事で、一気に情勢が変わりました。
投票前の民主党内での菅総理の表明、そして鳩山前総理の質問をリアルタイムで見ましたが、正直気持ち悪かったです。
何と言えば良いのでしょうか?
この人達は日本の事よりも、被災者の事よりも、何よりも一番に自分の事なんだなぁ〜と言うのが、ありありと解る内容でした。
それを一番解っていないのが当人達なのです。
これは致命的だと思います。

なんで三つの決め事の1番目が「民主党を割らない」なのですか?
なんで2つめの決め事が「自民党政権に戻さない」なのですか?
なんで最も重要な震災への対応が3つめなんですか?
民主党が割れようが、自民党政権に戻ろうが、それが日本のため、被災地のためになるのなら受入れるべきでしょう。
これを保身であるという事を、この人達は解っていない。
それを堂々とテレビの前で、声を高らかに表明する事の恥ずかしさを解っていない。
だから致命的なんです。
バカは自分がバカだと解りません。

一見、まとまって難局を乗り越えたかのように見える民主党ですが、すでに亀裂が生じています。
菅総理は自ら退路を表明したように見えますが、実は「辞める」とも「退陣する」ともひと言も発していません。
震災への復旧・復興のメドがついたら、その後の責任を若い世代に引き継ぎたいと言っただけです。
これを退陣を求めていた人達は「自ら退陣を表明した」と捉えましたが、菅総理はそんな気持ちは無いと思いますよ。
昨日のつぶやきのように、震災復興が遅れれば遅れるほど、菅総理にとっては都合が良い。
つまり何もしない方が、総理の座に居続けられるという訳です。

内閣不信任案が否決された後に、鳩山前総理はインタビューに答えました。
そこで、菅総理の退陣の時期について、今月中か遅くとも7月頃でしょう。と答えました。
鳩山前総理の中では、菅総理は退陣するものと認識しているのです。
だからこそ、内閣不信任案に反対した。
ところが菅総理は全くそんな気はありません。
もうすでに亀裂が生じていて、一致団結どころではありません。

今回のこの内閣不信任案を巡って、それぞれの思惑で動いていた人達。
さらに今回の事を利用して、自分の知名度を上げようと目論んだ人達。
恥を知って下さい。
特に原口氏、岡田幹事長。あなた方のテレビでの発言は、あまりにも軽過ぎて国民をバカにしています。
まるで自民党が全て悪くて、民主党が全て正しいような発言は痛過ぎて笑う気にもなれません。
こんな時期に内閣不信任案を出す事にも、確かに批判はありますが、そうせざるを得ないような内閣であり、与党・民主党である事をあなた方は微塵もわかっていません。
しかも、メディアまでも悪者にしようとしていますね。
最後には国民のせいにするのでしょう。

私は今回の内閣不信任案は否決されて良かったと思います。
これでますます民主党内はぐちゃぐちゃになります。
何よりも自分たちの事を第一に考えている人達の党ですから、すぐに分裂していくでしょう。
自民党内にも自分の事第一の人が大勢いますが、民主党はあまりにも酷過ぎます。

こんな党を与党にしてしまった国民の責任ですね。
民主党政権という、とんでもない政権を生み出した事を、大いに反省すべきだと思います。
統治能力の無い政権が、これからも日本政府として居座ります。
我が国は無政府国家だと認識して、国民の頑張りで乗り越えましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550225
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック