2011年05月22日

タイトスケジュールな一日

今日はタイトな一日でした。
朝一番から市民体育大会の開会式に出るために、息子は剣道の胴衣を着て出席。
剣道の市民大会は先日終ったのですが、市全体の大会の開会式はまだだったので、本日出席となりました。
もう終っているのに開会式と言うのも妙な感じでしたが、みんな胴衣を着て整列していました。

開会式自体は小一時間ほどで終ったので、そのままいつもの稽古へ。
稽古は10時〜11時なんですが、息子はその後も大人の稽古に混じって稽古をします。
小学生の上級生は多くの子が残って稽古に参加しています。
息子も最初は私に言われて、しぶしぶ稽古に残っていましたが、最近は自ら残るようになりました。

稽古が終って通常ならそのまま帰るのですが、今日は剣道連盟の総会があると言う事で、私だけ残りました。
剣道連盟の総会と言う事で、本来なら父兄の私が立ち入る場所ではないのですが、今回は父兄の代表と言う事で参加させて頂きました。
剣道連盟とは言っても、いつも稽古に来られる先生方が中心です。
言わば身内同士の話し合いのような雰囲気です。

息子の通う剣道クラブは、3年ほど前に二つの剣道教室が一つになり出来たものです。
それまでは二つの剣道教室があり、それぞれに運営され、それをまとめるのが連盟の存在的なものでした。
しかし、今となっては一つのクラブであり、そのものが連盟でもあります。
組織的に大きく変わってしまっているのですが、連盟としては何も変わらないままで来ていました。
実質的には変わってしまっているのに、組織としては変わっていない。
ここに大きな矛盾が出来てきているのです。

この事は多くの先生方や父兄も感じている事でしたが、結局はなれ合いのままで来てしまいました。
しかし、そのままではいけないと言う事で、私も何度か先生方と話をしたり、父兄で集まって話をしました。
そして今日総会と言う事で、私も参加させて頂いたのです。
総会の中で、やはりこの事は話にあがりました。
結論は出なかったのですが、「今のままではいけない」「組織として変えなくてはならない」という共通認識は出来ました。

お昼過ぎから始まった総会は、2時半ごろまでかかり幕を閉じました。
私は急いで家に帰りました。
実は大阪の姉が来る予定になっていたのです。
毎回2時頃に来るので、嫁さんに電話してみましたが、まだ来ていないとの事。
急いで帰ると、ちょうど着いたところだったようです。

姉といろんな話をし、子供達は一緒に遊び、あっという間に時間は過ぎて行きました。
そして夕方には再び嫁さんに送ってもらって出かけました。
剣道連盟の懇親会に出席するためです。
お昼に引き続き、今度は酒の場でみんな盛り上がっていました。
しかし、お昼のような議論では無く、楽しい酒の話題で。

一日いっぱいぎっしり詰まった日程でしたが、中身のある内容で良かったです。
剣道の組織については、これから私も首を突っ込んで先生方とも話し合う機会が増えるかと思います。
正直、面倒くさい事です。しかし、息子が剣道でお世話になり、これからも剣道でお世話になる子供達がいます。
子供達が剣道に打ち込める環境にするには、先生方と父兄が協力して組織を作りあげなくてはいけません。
数年前に学童保育を立上げた時と同じように、中心にいるのは子供です。
その子供達のために、先生と父兄が協力して運営をする。
全く同じ構図だと思います。

私自身がどこまでお役に立てるのかは、全く解りません。
何も出来ないかも知れません。
しかし、息子がお世話になってきた恩返しの意味も込めて、少しでもお役に立てればと思っています。
そしてそんな中で息子も成長して、今度は指導する立場になってくれたら嬉しいですね。
そうなれるように、私は私の役目を頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550214
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック