2011年04月15日

不幸のスパムメール

パソコンを使ってインターネットを利用している人は、多くの方がメールも使っていると思います。
もちろん私もメールは使いまくりです。
インターネット・メールが使えなければ、仕事にならないと言っても過言ではありません。
それくらいメールは身近な物です。

一般的にはプロバイダーと契約して、そのプロバイダーからメールアドレスを一つ割り当てられます。
しかし、私は仕事でレンタルサーバーを使っているので、メールアドレスは自由に追加できます。
接続プロバイダーのメールアドレスもありますが、仕事では基本的にレンタルサーバーのメールを使います。
プライベート用、仕事用、メルマガ用etc等、用途によってメールアドレスを用意しています。

レンタルサーバーを使う前は、プロバイダーのアドレスを仕事用に使っていました。
ところがある時からスパムメールが多発するようになりました。
どこからかアドレスが漏れたのでしょう。
それからは仕事のアドレスはレンタルサーバーの独自ドメインアドレスを使っています。

しばらくスパムメールとは無縁だったのですが、最近またスパムメールを目にするようになりました。
仕事用のアドレスでは無く、メルマガ等に使っていたアドレスに、スパムメールが届くようになりました。
このアドレスはメルマガや、各種サービスの登録アドレスに使っていました。
昨年、その登録サイトから「アドレスが流出した可能性がある」と連絡がありました。
それからしばらくしてスパムメールが届くようになりました。
やはり流出していたのでしょう。

そのサイトからはお詫びのメールと、お詫びとしてのサービスの特典がありました。
しばらくは我慢していたのですが、最近頻繁にスパムメールが来るようになったので、このアドレスを停止する事にしました。
いろんなサイトに登録してあるアドレスなので、変更だけでも一苦労です。
もちろん登録サイト側にも、お手数をおかけする事になります。

毎日毎日届く、誘惑のスパムメール。
本当にばかばかしい内容のメールなのですが、こんな手口に引っ掛かる人がいるのでしょうか?
スパムメールが届く事も腹立たしいのですが、今この大変な時に、みんなが一生懸命頑張ろうとしている時に、こんなメールを大量に配信している人間がいる事に怒りを覚えます。
恥ずかしくはないのでしょうか?
自分のやっている事を、客観的に見る気持ちはないのでしょうか?

人間というのは、楽な方に楽な方に流される生き物だと思います。
一度堕落したら、どんどん転げ落ちるように堕落するのでしょうね。
しかし、日本人は恥じる文化があります。
「人様に迷惑をかけてはいけない」「人のために社会のためになる人間になれ」
いつもそう言い聞かされて育って来た人は多いと思います。
だから日本人は、この大震災・原発事故でもめげずに頑張っているのです。

スパムメールを大量に配信している人間に問いたい。
何のためにそんなメールを配信している?
「お金のため」なんでしょうね。
人に迷惑をかけ、人を騙して奪い取ったお金は、憎しみと恨みが乗り移っています。
人に喜びを与え、感謝されて頂いたお金は、喜びと幸せを運んできます。
お金は人を不幸にも、幸福にも出来ます。
不幸になるか幸せになるかは、その人次第だと思います。

以前はスパムメールに腹を立てていましたが、今は「なんて可愛そうな人なんだろう」って哀れみの目で見ています。
スパムメールが届くアドレスは、近日中に廃止します。
スパムメールをばらまく事は、自分自身を不幸にしている事に気づいて下さい。
全て自分自身に戻ってくるのですから。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | ウイルス・迷惑メール
この記事へのコメント
何時の時代でも、いるんですよね・・
そんな暇あるなら、働きなさいと・・
思ってしまいます・・
Posted by そら☆ at 2011年04月18日 12:12
そら☆さん、いつの時代でもいるものです。
自分が行っている行為が、いずれ自分の身に戻ってくると言う事を解らないのですね。
こんな人達はよほど痛い目に合わないと解らないのでしょう。
Posted by island at 2011年04月18日 13:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550174
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック