2011年03月31日

太陽エネルギーをもっと活用できないか

毎日毎日テレビでは、福島第一原子力発電所の問題が流れています。
これまで放射能という言葉は知っていても、ヨウ素やセシウムなんて放射性物質は知らなかった人が多いでしょう。
私も今回の事故でこれらの言葉を耳にしました。
放射能という言葉は知っていても、その内容や意味まで知っていた人は少ないと思います。
放射能というだけで「怖い」というイメージを持っていたので、原発事故が起きた時に、パニックに近い状態になったのでしょう。

福島第一原子力発電所の問題は長期化しそうです。
廃炉にするようですが、廃炉にするにも長い年月をかけて処理する必要があるそうです。
今回の事故で多くの日本国民が、原子力発電の怖さを実感した事でしょう。
中には「全ての原子力発電を止めよ」と訴えている人もいるようです。
気持ちは解らないでもないですが、もう少し現実を見なさいよ。と言いたいです。

仮に全ての原子力発電をストップして、代わりの電力はどうやって賄うのですか?
現在でも計画停電で四苦八苦しているのに、日本全体が計画停電をやらないといけなくなります。
全体の発電の約三分の一を原子力発電に頼っている日本で、原子力発電をストップさせるのは、国家の死に値します。
今すぐでは無く、原子力に代わる安全な発電を開発すると言うのなら、原子力ストップもあり得る事です。

現実問題として、原子力発電に頼っている日本では、まずは全ての原子力発電の安全性を高める事。
今回の事故を教訓として、事故が発生した場合の対応策を、早急にまとめる事。
地震・津波・テロ等を想定して、危機管理システムを設ける事が大切です。
今ある物を捨てるのでは無く、より安全に危機に強いシステムにする事が大切だと思います。

その上で、新たな発電システムを開発していかなくてはなりません。
私は原発に反対ではありませんが、やはりよりクリーンなエネルギーが良いと思います。
これはあくまでも素人発想なので、笑いながら読んで下さい。
私は太陽のエネルギーをもっと使えないものか。と常に思っています。
現在は、太陽光発電が有る程度普及し、家庭や企業でも太陽光発電を行っています。
この技術をもっと高度化出来ないものでしょうか。

太陽光発電の弱みは、やはりお天気です。
太陽が隠れてしまっては、発電は出来ません。
安定した発電が出来ない以上、太陽光発電には可能性が無いように思われます。
しかし、これが宇宙空間ならどうでしょうか。
大気圏外に出れば、太陽の光を遮る物はありません。
太陽エネルギーを安定して受ける事が出来ます。

しかしいくつかの問題があります。
まずは、どうやって地球に電力を送るのか。
やはりこれには蓄電の開発が必要でしょうね。
宇宙空間で発電した電気を貯める技術が必要です。
そしてそれを地球まで送るシステムが必要です。

宇宙エレベーターという発想があるのを、以前聞いた事があります。
宇宙空間と地上をエレベーターのように繋ぐもの。
現在は宇宙に飛び出すのに、物凄い燃料を使って飛び出しています。
しかし、宇宙エレベータが実現すれば、そこに電気を貯めたコンデンサーを載せる事も可能かと思います。

まだまだ夢物語の発想ですが、全く実現出来ない話では無いと私は思います。
宇宙開発が進む現在。技術もまた進んでいくでしょう。
もしからした20〜30年後には、「昔原発事故があってなぁ〜」「今はこうやって宇宙で電気作れるけど・・・」なんて、話をしているかも知れません。

今回の原発事故を、私たち日本人は単なる「悲惨な事故」で終らせてはいけません。
そこから学ぶもの、反省するもの、新たな可能性を見つけ出し、前進しなくてはいけません。
今はとにかく原発の放射能漏れを抑える事ですね。
日々、現場の名も無き戦士が闘っています。
私たちには祈る事しか出来ませんが、ぜひお身体に気をつけて頑張って下さい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550158
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック