2011年03月30日

非常時に解る偽日本人

大震災発生後、震災関連のニュースが続いています。
被災地の悲惨な状況、その悲惨な中でも何とか希望を持って生きようとする被災者。
そして引き続き予断が許されない福島第一原子力発電所の問題。
日本は桜の咲く春本番になっても、今なお重く辛い空気が漂っています。

その重い空気を吹き飛ばそうと、本当に多くの日本国民が、自分に出来る事、被災者のために出来る事を考え、とにかく前を向いて歩こうと頑張っています。
震災が起きるまでは、「日本人は弱くなった」「日本人は民度が下がった」と、嘆く事が多かったと思います。
しかし、今は「やはり日本人は強い」「日本人の民度は決して下がっていない」と思う。

「いつまた大地震が来てもおかしくない」「また大津波に襲われるかも知れない」という恐怖心。
計画停電で思うように電気が使えず、薄暗い街並みに気持ちも落ち込む。
それに加えて目に見えない恐怖の「原発事故による放射能漏れ」が、さらなる恐怖心を煽る。
それでも私たち日本人は、決して慌てふためく事無く、日々の生活を送っています。
私たちは日本に生まれ、日本を愛し日本で子供を生み育て、次の世代に日本を託さなければいけません。
それは日本人として当然の気持ちです。

ところが、今、その日本から逃げ出している人々がいます。
それは在日外国人の人々。
「日本は危険だ」「放射能が怖い」そんな気持ちで、住み慣れた日本を離れ、自分の生まれ育った国へと帰っているのでしょう。
仕事のために日本に赴任して来た人や、商売をしようと日本に来た人は致し方ないでしょう。
何だかんだ言っても、やはり自分や自分の家族の身は守りたい。
祖国に帰って落ち着きたいと考えるのは、当然の事だと思います。

ところがそうでない人々もいるようです。
それは日本人と結婚して、日本人となった人や、帰化して日本人になった人。
そんな人達が、「日本に居たくない」と言って、自分の祖国に帰っているらしい。
多くは中国人らしいのですが、これで解りますよね。
日本人になったのは、日本が好きだからとか、日本人になりたいからではない。
日本がとても住みやすく、恵まれた国だから、その国に住みたいがために、その国の国民になる。
国のためでは無い、自分の都合でその国民になっているのです。

以前から問題視されていた「永住外国人の地方参政権問題」。
地方に限り、永住外国人にも選挙権を与えようと言う動き。
私は徹底してこれに反対の意を唱えていました。
多くの日本国民も、これに危機感を感じ反対して来ました。
民主党は推進していましたが、国民の反対意見があって、なかなか実現できなかったのだと思います。

今、日本がこの緊急事態になって、改めて考えてみましょう。
私たち日本人は、何があろうとも日本を離れる気などありません。
被災者の方々も、原発の避難者の方々も、復興が行われ、放射能漏れが無くなり安全が確保されれば、帰りたいと願っています。
どんな事があっても、自分達の町を去る気持ちは無いのです。
私たちは日本人ですから、日本でどんな巨大地震が起きようとも、大津波が押し寄せようとも、日本に留まります。

しかし、永住外国人は違います。
何か起きれば、当然日本を去り、安全な自分の国へ帰るのです。
そんな人々に選挙権を与えてどうなりますか?
自分たちに都合の良い時には、日本に住み着いて、いざ何かあると自国へと帰ってしまう。
そんな人達と、私たち日本人と同等に選挙権を与える必要があるのでしょうか?

結婚して日本人となった中国人妻は、子供を残して自分だけ帰って行く人も多いと聞きます。
日本人の男性と結婚して、戸籍上は日本人となっても、心は日本人になれないのです。
やはり私たちの国日本は、私たち日本人の手によって支えていかなければいけません。
今、日本人が一つになろうとしています。
日本人の底力を信じて立ち上がろうとしています。
日本に住むのが怖い外国人は、どうぞ自国にお帰り下さい。
ここは私たちの国日本です。
頑張って日本人が復興していきます。
頑張ろう日本。頑張ろう日本人。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
この記事を見逃していました。
まさに仰るとおり!
私も、それみたことか、と言う気持ちと腹立たしさを目いっぱい感じました。
産経によると、本来日本国籍保有者のみに権利のある生活保護が永住外国人にも与えられており、この人たちが今放射能が怖いからと母国に帰り、それでも通帳には生活保護費は振り込まれるのだとか・・・
そしてその殆どが中国人。
中国は、いまや経済でも日本を追い抜き経済大国、軍事大国になったことを自慢しているのですから、生活保護なんてこの国民にすることはないでしょ。人道的見地からと言っていますが、もっと困っている自国民を大切にすべきです。
それに、日本は借金大国なのに。

中国人よ、もう二度と日本に戻ってこないように!
Posted by 春眠 at 2011年04月06日 15:39
春眠さん、これを機に「日本人とは」という提議をしっかりと持たないといけませんね。
日本に永住するからには、何か日本で起きた時には、覚悟を決めて日本のために尽くす。
それくらいの覚悟が無くては日本人と認めてはダメです。
何かあれば祖国に逃げ出すような外国人には、参政権はおろか生活保護も与えてはいけません。

復興のための補正予算が組まれるようですが、そのために消費税をあげるのであれば、まさしく本末転倒です。
まずやるべく事は、外国人に支給している生活保護を打ち切る事。そして中国に出しているODA等を止める事。
国が非常時になんで日本国民の税金で外国人を優遇しなきゃならんの?
全く馬鹿げているとしか言い様がありません。
Posted by island at 2011年04月07日 09:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550157
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック