2011年03月14日

私たちの日本、私たちの手で。

日を追うごとに被災地の悲惨な状況が少しずつ明らかになっています。
1,000人以上の遺体が確認された地域もあり、町全体が完全に消えてしまったようです。
あまりにも悲惨で、あまりにも悲しい状況に、胸が締めつけられる思いです。
週末に発生した地震で、土日はずっと地震と津波の報道ばかりでした。
今もさほど変わらぬ状態です。

何度も何度も流される、悲惨な被災地の映像を見ていると、どんどん気持ちが塞ぎ込んでしまいます。
しかし、被災していない私たちが落ち込んでいる場合ではありません。
どうしても悲惨な状況に、また原発の不安の現状に、塞ぎ込みがちですが、こんな時こそ上を向かなくてはいけません。
日本人の底力を出して、東北を日本を甦らせるのです。

今回の震災で世界が驚いた事があります。
それは、地震に見舞われた地域で、日本人が秩序を守り水や救援物資をもらうにも、ちゃんと列に並んでいる事。
私たち日本人にしてみれば、ごくごく普通の事です。
しかし、それが海外からすると、奇跡の光景に映るようです。
海外では震災が起きると、強奪や略奪が起き、スーパー等が襲撃される。
そう言えば、そんな映像をよく見た記憶があります。

私たち日本人のDNAには「お互い様」という譲り合いの精神があります。
だから略奪も強奪も起きないし、ちゃんと列に並んで待つ事ができるのでしょう。
困っているからこそ、お互い助け合ってこの危機を乗り越える。
これが私たち日本人が、長い長い歴史の中で培ってきた民族性と言えるのでしょう。

関東方面では電力不足による「計画停電」が始まります。
お互い様の精神で、決められた事はしっかり守り、計画停電にも対応はできる事と思います。
でも、停電を実施する前に、もっとやれる事があった気もします。
不必要な電力を減らす事はできたはずです。
ただ、時間的な余裕が無かった事は事実です。

ネットでも散々話題になっていますが、こんな時こそパチンコの営業を自粛させるべきです。
派手な電光看板や、店内の強烈なライト、さらには大音量。
パチンコがしばらくできなくても、困る人なんていないのです。
パチンコやゲームセンター等の、娯楽施設をしばらく営業自粛させる事で、だいぶと節電になると思います。
東京ディズニーランドですら、しばらく休園するのですから。

今は国家の非常事態と言って良いでしょう。
私たち日本国民ひとりひとりが「自分に何ができるか」を考えて、募金なりの行動をしていく事が大切です。
悲惨な状況である事に変わりはありません。
不安な状態である事に変わりはありません。
下を向いても上を向いても、状況は同じです。
ならば上を向いて、希望を持ちましょう。

大丈夫、必ず再建できます。
私たちは日本人です。
日本が大好きです。
だから大好きな日本のために、一人ひとりが手を取り輪を広げる事ができます。
大きな和が日本なのです。
大和魂で頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550141
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック