2011年03月12日

辛い状況ですが

一夜明けて、様々な被害が明らかになってきました。
本当に酷い状況です。
まだ、解っている状態での被害状況ですから、これから解ってくる甚大な被害もある事でしょう。

大揺れに揺れる映像や、一気に押し寄せて車や家を押し流して行く津波。
その後に起きた火災等を見ていると、まるでこの世の終りのような気分になります。
悲しいのを通り越して、落胆した気持ちにすらなります。

しかし、被災された方々の事を思うと、テレビの画面を通して状況を見て落ち込んでなどいられません。
私たちに今出来る事は、正確な情報を判断し、今後に備えることです。
被害状況の把握そして救助活動が済んだら、支援活動に移っていきます。
その時は、被災していない全国から、温かい支援の手を差しのべる事が必要です。

ほぼ壊滅状態の町が多数あるようですので、復興するのは並大抵な事ではないと思います。
しかし、戦後の焼け野原から這い上がってきた日本です。
絶対に復興して、また素晴らしい町が出来ると信じています。
そして、私たちも同じ日本人として、その復興に微力ながらもお手伝いできればと思います。

まだ余震が頻繁におきているようです。
津波の情報もまだまだ続いています。
まだまだ注意が必要です。

今、一番気掛かりなのは「原発」です。
どうも政府の発表が「何かを隠している」ような気がしてなりません。
やたらと丁寧に丁寧に話す、枝野官房長官を見ていると、その裏に何か重大な情報を隠しているように見えてしまうのです。
「原発が危ない」と解った段階で、一気に近隣住民への避難勧告すれば良かったのですが、「念のために」等と言う言葉で誤魔化しているような気がしてしまう。

何もかもがメチャクチャになってしまったような印象を受けてしまいます。
しかし、日本全体がメチャクチャになってしまった訳ではありません。
精神的ダメージは大きい。
でも、復興に向けて上を向ける時が来たら、そこからは復興を目指して頑張れると思います。
今はまだ辛い、悲しい、不安、そんな気持ちが日本全体を覆っています。
しかし、時間と共に必ず希望の芽が芽生え、復興に向かって大きな花を咲かせると思います。
私たち日本人の底力を信じて、今こそひとつになって頑張る時です。
ガンバロウ日本、ガンバロウ日本人。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550139
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック