2011年03月11日

日本の緊急事態

日本が大変な状況になりました。
東北方面の方々、本当に大変ですが、何とか頑張って下さい。
まだまだ余震や、新たな震源の地震があったりと、本当に不安な近況だと思います。
津波もまだありそうですから、本当に注意してほしいです。

「阪神淡路大震災以上の大震災かも知れない」
そう直感で感じました。

最初は揺れている事が解りませんでした。
妙な揺れ。
「何これ?地震??」
しかし、地震にしては静か過ぎる。
まるで家が海の上に漂っているような、ゆっくりとしたゆるやかな揺れ。

何度も立ち上がったり、床に座り込んだりして、自分が揺れているのか確かめました。
でも、やっぱり家が揺れている。
一瞬、自分自身の身体がおかしくなったのかと思いました。
本当に気持ち悪い揺れ。
その後、ネットニュースで地震の速報を見て、やはり地震であった事を確信したのです。

しかし、物凄い被害です。
地震そのものによる被害も大きいが、何よりも津波の被害が大きい。
テレビで津波が車や船を押し流している映像を見て、本当に胸が痛みました。
この状況が東北全域で起きている。
さらには、関東でも被害が出ていて、交通網がマヒしている。
まさしく日本全体がパニックに陥っています。

大津波情報を見ていたら、何と奄美まで津波警報が出ていた。
夕方の5時頃に2mの津波が到着する可能性がある。
我が家の実家は川沿いの公営住宅です。
しかも1回の川側。
さらに潮が満ちてくると、そこは海になる。
もっとも津波では危険な場所。

慌てて母に電話をしたら、非難する準備をしていたところでした。
何とか非難をしているようですが、何事もない事を祈ります。

この緊急事態で、国会も審議を取りやめ、菅総理と谷垣総裁が党首討論をして、緊急対策を行う事で合意したようです。
日本の未曾有の大災害です。
一刻も早く自衛隊を出動させ、被災された方々の救助、そして安全の確保を急がなくてはいけません。
こんな時に与党も野党もありません。

まだまだ余震が続く可能性が高いです。
また、今回の地震で、他の活断層が刺激され、新たな地震が起きる可能性もあります。
みなさん、本当に注意しましょう。
そして被害に遭われた方々、心よりお悔やみ申し上げます。
一刻も早い、被害状況の把握、そして救助活動が必要です。
一人でも多くの命が救われますように。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:33 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こちら千葉でも、私の人生で最大規模の地震でした。
物が倒れるって経験は今までありませんから。
立っていると体がぐらぐらして、机につかまらなければならない状態でした。
余震もひっきりなしで、今もちょっと揺れています。

そして、私も東北沿岸の津波の映像に心が痛みました。
家が、車が、きれいに耕された農地やビニールハウスが波に流されてゆく・・・
被害に遭われた方々に暖かい手が差し伸べられますよう祈ります。
私にも出来ることがあったら、お手伝いしたいです。
Posted by 春眠 at 2011年03月11日 20:41
我が家は無事です

飯田橋におりましたが、ビルが倒壊しないことを祈りながら、机の下におりました。
運良く、車の方に送ってもらえて自宅に戻れましたが、幹線は大渋滞でどうにもならなかったため、裏道を駆使して帰りました。4時間くらいかかりましたが・・・


長野でも地震が起きたようですが
これ以上被害が増えないことを祈っております。
Posted by am at 2011年03月12日 05:24
春眠さん、千葉もかなりの揺れだったでしょうね。
ニュースで都心の揺れを見ましたが、尋常じゃない揺れでした。
まだまだ余震、そして新たな地震が頻発しています。
本当にくれぐれもご注意下さいね。

東北の被害状況は、あまりにも大き過ぎて規模が掴めない感じがします。
これから徐々に明らかになって行くのでしょうが、あまりの被害に本当に胸が痛みます。
日本史最大の災害ではないでしょうか。
これから復興に向けて、まさに日本が一体となって頑張っていくしかないですね。

amさん、心配しておりました。
御無事との事で一安心です。
生きた心地がしなかったでしょうね。
何とか家に帰れたようですが、しばらくは交通網乱れているのではないですか?
これ以上被害が出ない事を祈るばかりです。
まだまだ余震も続くと思うので、くれぐれもご注意下さい。
Posted by island at 2011年03月12日 08:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550138
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック