2011年02月19日

春の足音

少し寒さが緩んで来ましたね。
それにしても今年の冬は本当に寒い。
まだまだ寒の戻りがありながら、一歩一歩春に近づいて行くのでしょう。

今日は土曜日と言う事で、息子の剣道の稽古に行きました。
いつも停める駐車場に車を停め、体育館に向かう途中で、ふと白い小さな花が目に止まりました。
梅が咲いていたのです。
先週来た時には、まだ咲いていませんでした。
この数日間で一気に花を咲かせたのでしょうね。

それにしても美しいです。
「日本の花」というと、どうしても桜が主役になりますが、梅の花も本当に良いですよね。
桜の花は華麗に咲いて潔く散って行く様が、本当に美しく感じます。
一方梅は、密やかに控えめに咲いている感じが、これまた日本らしくて好きです。

冬の寒い時期から咲いて、春を誘うこの花は、昔から日本人に親しまれて来たのでしょう。
梅・桃・桜と、花のバトンリレーが春を誘う日本。
日本人は本当に自然と共に生きてきたのですね。
車社会となった現代では、ついつい野に咲く花や、庭先に咲く花等を見落としがちです。
少し暖かくなって来たので、お散歩がてらに、春を誘う花達を探してみるのも良いかも知れません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61550120
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック